外壁塗装089 大阪市 住之江区 N診療所|外壁塗装 大阪|安心の定額リフォームなら大阪市平野区のミズノライフクリエイト

おかげさまで施工実績10,000件突破!!

「良質」の外壁塗装を追求します!
外壁塗装にもランクがあります。塗料だけでなく、工事も日々進歩しています。「品質」「質」にこだわると、外壁塗装もより「安心」と「安全」をお届けすることが出来ます。

(株)ミズノライフクリエイト 代表取締役 水野雄之(一級建築士) 

外壁塗装|施工事例一覧

10年間悩ましていた慢性の雨漏れに困っていました、個人の病院にしてはあまりに規模が大きい病院なので外壁塗装で治るのか?
防水工事なのか?塗装工事だけでは、今の雨漏れは止められないのは感じられていたようでしたが・・・・・・
予算もありかなり心配されていました。

施工後 After

施工後 After

施工後 After

施工前 Before

施工前 Before

複合の雨漏れ(数か所の原因が絡んでいる雨漏れ)

  1. 屋上からの防水劣化の雨漏れ
  2. 笠木上部の亀裂による劣化
  3. 外壁亀裂の雨漏れ
  4. 不備なコーキング処理
  5. 外壁に蔦が絡んでいて困っていた

施工前 Before

(雨漏れ・水膨れ)

正面の目立つ所にケロイド状の水膨れが出だしてきました、内部に雨漏れらしいか所はあったのですが、これくらいはいいか?とみすごしていたのですが・・・・


最近のゲリラ豪雨の猛威にはもう限界です、劣化の処理は外壁塗装では無理と解かっていたのですが、ほかに調べる手立てがなく「外壁塗装 大阪」で検索しました

 工事期間 25日間  内容 超耐久シリコン
 エリア 大阪市 住之江区  価格 180万円(補修工事費別)

担当者から一言

担当者から一言

N様診療所 [外壁塗装/パラペット天端防水]

■外壁塗装

・ソフトサーフ(微弾性の下塗り塗装―プレミアムシリコン(2回塗り)


特徴1(雨漏れによる外壁のふくれ)

あまりにも長い間雨漏れを放置していたためRC外壁のカベと旧塗膜の間に雨水が浸入。


10年前に流行した弾性の塗料の塗膜がケロイド状に膨れています。


そのまま塗装してしまうと後々はがれてくるかもしれません。
まずはこの塗装をめくり→カチオン(補修材)で下地補修を行います。


塗装の接着を良くするための下地塗装をしてから→ガラ付けの塗装。→仕上げ塗装の2回塗り。


通常の外壁塗装工事のように3回塗りを行うと、2~3年でクレームになりかねません
下地処理を行うときは、施工前の状態のチェックを十分に確認・注意を怠らずに、仕上げます。


特徴2(ツタ)

外壁に"ツタ"が伸びています。気にもされていなかったようです。気が付けばツタがはっていたそうです。ツタは外壁にはよくありません外壁劣化を進めます。


外壁の表面だけでなく"外壁表面"を傷めます。


今回はRC(鉄筋コンクリート)のためか、表面の塗装だけが傷ついていました。


ツタの繁殖は目立たない側面ということもあり、こそぎ落とすことにしましたが
ツタの触手がとれないのには困りました。


カベの一部分だけでしたが無数にある、ツタの触手が点々とありました。


あまりにも多いので幅10センチ程のヘラでカベをこそいでも・・・・・・。


これは取れません、しかたがないので1つ1つの金属ヘラで取ります、これで取れますが植物の繊維が残ります。


さらにワイヤーブラシで磨きます。これでやっと「ツタ」は除去できましたが、それでも仕上がりには跡が残りました。(仕上げは少しムラに見えます)

施工のポイント1
外壁の劣化の様子です、外壁の雨漏れの状況・コーキング業者の施工不良の状況・内部(室内への漏水)

建物の劣化による雨漏れからの水膨れ様子―1
建物の劣化による雨漏れからの水膨れ様子―1
コーキングの手抜き工事による雨漏れの様子(これでも補修?とも言い難い処理)
コーキングの手抜き工事による雨漏れの様子(これでも補修?とも言い難い処理)
コーキングの手抜き工事による雨漏れの様子、簡単に内部まで雨が浸入していてよく2か所漏電(漏電は火事の原因になります)していて無事だったのが不思議なくらい。
コーキングの手抜き工事による雨漏れの様子、簡単に内部まで雨が浸入していてよく2か所漏電(漏電は火事の原因になります)していて無事だったのが不思議なくらい。

雨漏れからの漏電は火事の危険性もあります、特に慢性の雨漏れは、笑いごとではありません赤信号です(雨漏れは火事の原因だとは、思っていないかたもおられます)。

RC造(鉄筋コンクリート造3階建)某有名ゼネコンが建築の物件でした、各パーツには凝っていましたのに残念です。

肝心の雨仕舞の処理はまずいのでは、大手建築会社でも雨の処理は意外とこんな程度なのかまたはメンテナンスされてなさすぎなのか?
「雨漏れの漏電から、火災でも起きては元も子もない」と思うのですが、 雨漏れから火事の危険性もあります、特に慢性の雨漏れは、赤信号です。

コンクリート造の雨漏れの原因
コンクリート造の雨漏れの原因
コンクリート造の建物は「ほとんどの方は丈夫で雨漏れは大丈夫と思っているのですがいったん、雨漏れが起きるといろいろと木造建築のような簡単なメンテナンスではなくなります。
補修の様子
補修の様子
下地から撤去作業を行います、コンクリート造には、亀裂の状況を確認します上部(笠木等)から壁面の亀裂(内部~外部)は要注意です。
補修の様子
補修の様子
外壁からだけではなく、笠木からの、亀裂・膨れにより雨もれが起きているケースがあります、 ご予算にもよりますが有資格者の検査は不可欠です。

施工のポイント(オリジナルのバイオ洗浄)

バイオ洗浄の様子
バイオ洗浄の様子
バイオ洗浄の様子
バイオ洗浄の様子
バイオ洗浄の様子
バイオ洗浄の様子

当社一押し!バイオ洗浄の脅威の洗浄力「外壁洗浄 オリバークリーナー」


足場の設置の様子

足場組の様子
足場組の様子
足場組の様子
足場組の様子
足場組の様子
足場組の様子

外壁補修の様子

コーキング前の様子
コーキング前の様子
コーキング撤去中
コーキング撤去中
コーキング養生~プライマー(接着剤)付け
コーキング養生~プライマー(接着剤)付け
コーキング注入中
コーキング注入中
コーキング仕上がり
コーキング仕上がり
コーキング仕上がり
コーキング仕上がり

外壁補修の様子
劣化状態・補修作業及び劣化の様子(天場や笠木からの雨漏れは見逃せません、十分に調査が必要です)

笠木の調査の様子
笠木の調査の様子
笠木廻りの補修の様子
笠木廻りの補修の様子
笠木の防水・笠木廻りの補修の様子
笠木の防水・笠木廻りの補修の様子

外壁塗装下塗り(色分け1回目)

下塗りの外壁塗装①
下塗りの外壁塗装①
下塗りの外壁塗装②
下塗りの外壁塗装②
下塗りの外壁塗装③
下塗りの外壁塗装③

外壁塗装中塗り仕上げ(色分け2回目)

中塗りの外壁塗装①
中塗りの外壁塗装①
中塗りの外壁塗装②
中塗りの外壁塗装②
中塗りの外壁塗装③
中塗りの外壁塗装③

外壁塗装上塗り仕上げ(色分け3回目)

仕上がり塗装の外壁塗装①
仕上がり塗装の外壁塗装①
仕上がり塗装の外壁塗装②
仕上がり塗装の外壁塗装②
仕上がり塗装の外壁塗装③
仕上がり塗装の外壁塗装③

その他・補修作業の様子(左官業者による補修の様子)
※―外壁塗装の下地は、劣化状況によっていろいろ工法があります、できれば左官業者等々専門業者による補修作業をおすすめします。

下地の撤去(劣化部の除去)
下地の撤去(劣化部の除去)
下地補修作業
下地補修作業
補修終了(補修後の跡は残ります)
補修終了(補修後の跡は残ります)

施工後 After

  • 施工後 After
  • 施工後 After
  • 施工後 After

小冊子無料プレゼント

人気第1位 正しい外壁塗装工事をする前に読む本 ~失敗しない業者選びのコツを教えます~

  • ◎外壁業者の選択方法に着目して、悪質業者の見極め方
  • ◎塗装の工事の手抜きはなぜ起きる
  • ◎塗装・塗装業者の判断の基準はどこを見分ける
  • ◎優良な塗装業者と上手な付き合い方

私が丁寧に分かりやすく書かせて頂きました。
是非一読ください!

人気第2位 外壁屋根リフォームのパーフェクトガイドブック ~知れば知るほどリフォームしたくなる~

  • ◎外壁業者任せにしない、自分の目と知識をしっかり持つ
  • ◎せっかく外壁塗装・屋根塗装をするのだから、これくらいは押さえよう
  • ◎外壁塗装のレベルは日進月歩、最新の外装リフォームの事情が分かります
  • ◎もちろん塗料のことや、業者のことや、施工事例もしっかり載せています

リフォームの専門の塗装雑誌です、弊社の施工事例も
お客様の感想も載せていただいております。
弊社オリジナルの雑誌です

人気第3位 お住まいの塗り替えガイドブック ~初めて外壁・屋根塗装をされる方には必需品~

  • ◎なぜが外壁塗装をしなければならないのか?
  • ◎塗り替えの判断基準はいつごろなのか?
  • ◎工事の期間はどのようにみる
  • ◎見積書の見分け方
  • ◎お宅にあった塗料の選び方
  • ◎これさえあれば、外壁・屋根塗装の心配はなくなります

塗装の専門書まではしんどい、しかし知らないと
失敗したくないという方のためのガイドブックです