塗料選びにダマされてはいけません|外壁塗装 大阪|安心の定額リフォームなら大阪市平野区のミズノライフクリエイト

おかげさまで施工実績10,000件突破!!

「良質」の外壁塗装を追求します!
外壁塗装にもランクがあります。塗料だけでなく、工事も日々進歩しています。「品質」「質」にこだわると、外壁塗装もより「安心」と「安全」をお届けすることが出来ます。

(株)ミズノライフクリエイト 代表取締役 水野雄之(一級建築士) 

外壁塗装は簡単です 女性でも、年配の方でも簡単にご理解できます。

塗料選びにダマされてはいけません。シリコン塗装やフッ素など塗料で悩んでる場合ではありません。たった1mm弱の塗装で大切な建物全体を守りきれる訳がない!

突然ですがメーカーからの「外壁塗装のサンプル」です
(正規の工程で塗装されています)

外壁面の画像

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
0.2mmの厚さに注目してください!!

白矢印のさきの厚みが塗装の厚みです
ほぼ 0.2mm の厚みに外壁を頼っています

たった 0.2mmの厚みだけで、
外壁面全体は完全に保護できないのです

 しかし、塗料選びに悩まれている方が非常に多いのです  しかし、塗料選びに悩まれている方が非常に多いのです

言い方が悪いですが、

塗装会社にだまされてはいけません!

「塗料選びが素人の顧客に一番興味があるように
みせられているとしたら どうしますか?

なぜ塗料の種類分だと思いますか?

もう一度見積を見てください

各塗装会社ほとんど、
似たりよったりではないですか?

どんな見積が出されているか見ないでも、
だいたいこんなもんではないですか

「見積金額ランク分けが塗料の種類だけで金額の違いがでてたり」
「10年・20年長もちしますとか」
「保証10年とか」・・・・

外壁塗装のランクわけ=価格の差が「セールストークの定番」

だから各塗装業者は「いい塗料(高い塗料)を売りたがります

しかし

10年・20年塗料の違いで外壁全体が安全と思いますか?

だったら新築時に、ハウスメーカーは
「アホほど高い塗料を塗りますよ、3回~4回塗りとね、
やれローラーだのガンで吹きますとね」、現実は少し違うでしょ

せめて最低ここだけは押えれば「外壁塗装は失敗しません!」

外壁の構成は
「塗装(塗料)だけではありません!」

外壁の工事の工種(工事業者の種類)で出来ています

 

  1. ① 板金業者
  2. ② サイディング業者
  3. ③ コーキング業者
  4. ④ 左官業者
  5. ⑤ 鋼製建具業者(アルミサッシ屋さん)
  6. ⑥ 大工(造作)
  7. ⑦ 防水業者
  8. ⑧ 塗装業者
  9. ⑨ 足場業者

(※順番は適当です)

劣化・雨漏れは、外壁塗装で十分で大丈夫。
超耐久10~20年の長寿命の外壁の塗料さえ塗れば
安心できると、ほとんどの外壁の塗装業者方は、
外壁の劣化を外壁塗装で大丈夫として説明されますし、
外壁塗装の種類分で工事(契約)を進めています。

確かに、大部分の面積は塗装部ですが、
最低でも 7~8の業種を、塗装業者単独(一社)ではなかなかまかないきれないのです。

「専門外の箇所になります」
どのようにメンテナンスされているのかされているのか、
不思議に思いませんか?

以下は、安易な補修で済ませた外壁の例です。
外壁塗装では自宅の劣化は止められません。

大阪市東住吉区K様の施工前事例
安易な補修で済ませた外壁の例画像集
お客様のコメントです
雨の日は毎回雨漏りするのではないのですが、最近特に目立つようになりました。いろいろな業者に見ていただいたのですが、コーキングが切れていて、釘を打てば直りますといっていたのですが、何かほんとうに大丈夫か不安だったので「大阪市東住吉区役所で行っていた、外壁塗装相談会に参加してみました。」
気になっていた、サイディングの「反り、キレツ」は塗装業者の見積の内容の本当はコーキングだけでは直らないのではないか、と思って外壁塗装相談会に参加してみました。
大阪市東住吉区K様の施工中の診断事例
安易な補修で済ませた外壁の例画像集
担当者コメント
本当にコーキングや釘を打っただけで直るのか不安だったので「下地のチェック+雨水が侵入しているので、下地材・断熱材のチェックもご提案」させていただきました。 サイディングの反りは釘の打ち忘れではなく、下地木材がなく、断熱材のグラスウールもボトボトにぬれていて、落下状態でした。
①下地材なし→
②雨水の侵入→
③グラスウール(断熱材)の雨水がしみ込、壁内で常にぬれている状態→
④サイディングの変形・雨漏
これが、サイディングの反りから慢性的な雨漏になっていました。
大阪府 東大阪市 M様の施工前の事例
安易な補修で済ませた外壁の例画像集
お客様のコメント
中古物件の購入をしたのはいいのですが、雨漏れの気配があったのですが、内部まで漏れていないのをいいことに、先延ばしにしていました。
ベランダ・庇等々、雨漏れを直接ではなかったのですが、
「診断してみて、まさか・・・」こんなこととは思いもよりませんでした。
大阪府 東大阪市 M様の施工中の事例
安易な補修で済ませた外壁の例画像集
担当者からのコメント
内部の湿気った部分が数か所、チェックを進めてみて外壁の異変に気付いて、劣化部を撤去しました。下地から補修してから、塗装工事を行います。
このような現象は、ほとんどの業者は上から塗装で済ませることが多いです、「どの雨漏れにも言えるのですが、雨漏れを一か所と決めるのは危険です『複合劣化・複合雨漏』を考慮に入れることが大切です。」
大阪市 住吉区 M様の施工前の事例
安易な補修で済ませた外壁の例画像集
お客様からのコメント+担当者コメント
(お客様コメント)
雨漏りの「湿った感覚が以前から気になっていました」
外壁塗装相談会に出席した知人の紹介もあり、ここで一生暮らすことを決めたので、この家を大切に扱ってくれる会社と思って依頼しました。
「いやな予感が的中、やっぱり手抜工事にがっかり。これじゃ雨漏れも仕方ないか・・・」
(担当コメント)
金属サイディングは施工方法は簡単なだけに手抜きも多い。15年ぐらい前は建築コストも土地代も今より高額なので早く仕上ることに、どの業者も躍起になっていて、外部の劣化・手抜き工事・雨漏れは塗装・塗料で直るものではありません。
大阪市 住吉区 M様の施工前の診断事例
安易な補修で済ませた外壁の例画像集
担当者からのコメント
やはり雨漏れしていました。カビ・コケ臭があるのもこの雨漏れのせいでした。
気になる箇所を撤去して補修します。外壁診断を点検の時期は、現場・劣化・さまざま状況の打ち合わせが大切です。
ただの塗り替の見積もり依頼が多くや高額なフッ素とか、光触媒を考えている方非常に多いのです。本来、外壁部が完璧であればいいですが、ただの気やすめや、営業トークに迷っているだけでの選択は本末転倒になりがちです。
「きっちり点検+調査+補修+補強」が正しい外装工事と言えます。 「塗料の値段と値引きで外壁屋根は契約してはいけません」

その場しのぎ の 補修・外壁塗装をしてしまうと
2~5年 で 雨水 が外部の漏水や室内に浸入しだします。

雨漏れであわてる前に、外壁塗装の劣化の補強を考えましょう。

外壁の劣化を、外壁塗装でカバーできない劣化(痛み)を
補強してから塗料のランクを考えましょう!

それからでも全然おそくはありません。

見積依頼/外壁診断

小冊子無料プレゼント

人気第1位 正しい外壁塗装工事をする前に読む本 ~失敗しない業者選びのコツを教えます~

  • ◎外壁業者の選択方法に着目して、悪質業者の見極め方
  • ◎塗装の工事の手抜きはなぜ起きる
  • ◎塗装・塗装業者の判断の基準はどこを見分ける
  • ◎優良な塗装業者と上手な付き合い方

私が丁寧に分かりやすく書かせて頂きました。
是非一読ください!

人気第2位 外壁屋根リフォームのパーフェクトガイドブック ~知れば知るほどリフォームしたくなる~

  • ◎外壁業者任せにしない、自分の目と知識をしっかり持つ
  • ◎せっかく外壁塗装・屋根塗装をするのだから、これくらいは押さえよう
  • ◎外壁塗装のレベルは日進月歩、最新の外装リフォームの事情が分かります
  • ◎もちろん塗料のことや、業者のことや、施工事例もしっかり載せています

リフォームの専門の塗装雑誌です、弊社の施工事例も
お客様の感想も載せていただいております。
弊社オリジナルの雑誌です

人気第3位 お住まいの塗り替えガイドブック ~初めて外壁・屋根塗装をされる方には必需品~

  • ◎なぜが外壁塗装をしなければならないのか?
  • ◎塗り替えの判断基準はいつごろなのか?
  • ◎工事の期間はどのようにみる
  • ◎見積書の見分け方
  • ◎お宅にあった塗料の選び方
  • ◎これさえあれば、外壁・屋根塗装の心配はなくなります

塗装の専門書まではしんどい、しかし知らないと
失敗したくないという方のためのガイドブックです