H様邸外壁塗装 施工事例はこちら

H様邸の施工事例

内容 項目
工事期間 15日間 (補修日別 5日間)
使用塗料 外壁塗料 プレミアムシリコン SK化研
※外壁洗浄 高圧洗浄+オリバークリーナー(バイオ洗浄)
エリア 大阪市 西成区
価格 140万円(補修工事別)

 

H様邸は、鉄骨造(S造)・外壁ALC・3階建の陸屋根・約築15年の住宅になります。

当時販売していた不動産会社と建築会社は現在はすでにありません。H様のように「自宅を購入後しばらくして、不動産会社や建築会社の倒産してしまった」とお悩みになっているお客様の事例は非常に多いです。

当時瑕疵担保10年の保証が義務つけられるようになった前後に倒産する販売会社が目立っていた時期があります。

 

外壁塗装のビフォアアフター

施工後の様子

H様邸の外壁塗装施工後

築15年以上の建築物はALCの外壁のひび割れやコーキングの劣化している物件はよく見かけます。

施工前の様子

H様邸の外壁塗装施工前

外壁ALC材内部(鉄筋)の錆や亀裂が目立っている外観の様子です。

■外壁塗装前の状態

  • 外壁(ALCパネル)の塗装の劣化による、白華(チョウキング)がおこっていた。
  • 外壁(ALCパネル)の塗装の撥水性がなくなっていて、亀裂が起こっていた。
  • 外壁塗装の劣化、またはコーキングの劣化による、室内への雨漏れが起こっていた。

 

H様邸の施工の様子

H様邸の施工の様子をご紹介します。

外壁調査の様子(工事前)

外壁塗装の撥水効果がなくなっています。

また、黄色点線の枠内の劣化部分に注目してください。ALC内部の配筋(鉄筋)の錆(茶色の汚れが出ている)や亀裂(黒色の汚れ)が目立つようになっています。

 

室内調査の様子(工事前)

台風時の雨漏れの様子と室内調査の様子

室内の様子、台風の影響により室内に雨漏れが起こっています(大雨の水滴の様子)。

また、現場調査の時点の木製の枠に漏水跡の様子と外部(全景)ガラスブロックからの雨漏れが起きています。

 

仮設足場設置の様子

下記は仮設足場設置の様子です。都会型の建物においては、足場設置が困難なケースが時々起こります。

足場設置の様子です。仮設足場の設置には、車や通行人の往来を妨げないように配慮する必要があります。また交通量の多い道路の場合、警備員の配備も必要です。

 

 

 

クラック補修

クラック(ひび割れ)補修の様子です。

  • クラック調査の様子:足場の調査で外壁のひび割れの様子がよくわかります、
  • クラック補修中の様子:専用の外壁補修剤の注入後、外壁の凹凸面に合わせて、ALCの亀裂の段差をなくすことによって、塗装前の下地補修を行います。

 

外壁補修の様子

外壁補修の様子です。

  • 劣化している外壁ALCパネルを修復するため補修剤を注入
  • 亀裂による段差を目立たないように補修
  • 塗装仕上げ作業の様子

 

外壁洗浄(バイオ洗浄×高圧洗浄)

外壁洗浄を行っていきます。今回はバイオ洗浄(オリバークリーナー)を使用します。洗剤により外壁の汚れを洗い落とすことによって、塗料の付着力を上げる効果があります。

洗浄作業1回目(高圧洗浄)

高圧洗浄機で外壁全体に洗浄作業をします。ALCパネルの劣化が進んでいる場合は、コーキング作業を先行させます。

  • 高圧洗浄機によるALCパネルの洗浄の様子
  • ALCパネルのコーキング処理済みから、高圧洗浄機による洗浄の様子

 

洗浄作業2回目(洗浄剤使用)

外装専用の洗浄剤を使用することにより、長年付着している、ホコリやカビやコケから白華(チョーキング)までの除去を行います。

 

    洗浄作業3回目(バイオ洗剤の洗い流し)

    洗浄作業の最終段階です。散布した外壁洗浄剤を洗い流します。

     

    コーキング(シーリング)工事の様子

    コーキング(シーリング)工事の様子です。

    コーキング専用プライマー塗布

    ALCパネルのジョイント部にコーキングの工事を行います。

     

     

    コーキング充填・完成の様子

    コーキング充填からコーキング工事終了の様子です。コーキングの充填終了後、コーキングの均し作業を行って仕上げます。

     

    ※窯業系サイディング等はコーキング撤去する場合とコーキングを増し打ち(撤去しないで、旧のコーキング上から、プライマー塗布+コーキング)の場合があります。

     

    ■ALCパネルのコーキング工事の際に確認しておきたいこと

    • ALCパネルの場合のコーキング工事の注意点は、増し打ちコーキング(コーキング撤去なし)で施工する場合もよくあります。(今回は、ALCパネルジョイント部のコーキング撤去しません)
    • ALCパネルの状態や塗料によっては、養生テープ(マスキングテープ)は使用しないもあります。(今回は、テープ養生は行いません)

     

    付着テスト(パッチテスト)の様子

    塗膜テスト(剥離テスト)の様子です。塗装の剥離の原因は、下地の劣化状態と下塗り塗料との相性が関係します。サイディングの状態と下塗り塗料の相性の確認のために、付着テスト(パッチテスト)を行います。

    (関連記事)【外壁塗装パッチテスト(剥離テスト)とは】必要性とやり方を徹底解説

     

    外壁下塗り塗装

    まず下塗り塗装を行います。サーフ系塗料を下塗りに使用しています。

    外壁中塗り塗装

    下塗り塗装が十分乾燥してから、中塗り塗装をします。塗料はプレミアムシリコン(SK化研)を使用しています。

     

    外壁上塗り塗装

    中塗り塗装が十分乾燥してから、プレミアムシリコン(SK化研)を利用して上塗り塗装をします。上塗りにして中塗りのムラなどをなくします。

     

     

    その他の付帯部の塗装(雨戸塗装)

    雨戸塗装の様子です。紙ヤスリ等で鉄部表面をメアラシ(錆や汚れを落とす作業)して、赤色(錆止め)の下塗り塗料を使用します。

    下記は、中塗り・上塗りの様子です。シリコン系塗料を利用しています。
    左側は中塗り塗装の様子です。サビ止めの赤色が消えているのが分かります。そのあとで上塗り塗装を行います。

     

    (参考記事)【外壁劣化の種類は?】塗装で直せる壁と塗装だけでは直せない壁の違い

    (参考記事)窯業系サイディング壁の特徴や劣化症状〜外壁塗装まで徹底解説