B様邸外壁塗装施工事例

B様邸の施工事例

内容 項目
工事期間 15日間 (補修工事別 5日)
使用塗料 プレミアムシリコン SK化研
エリア 大阪市平野区
価格 130万円 (税込み)

 

B様施工事例の概要

  • 外壁洗浄:高圧洗浄+オリバークリーナー(外壁洗浄剤)
  • 外壁塗装:プレミアムシリコン(SK化研)を使用
  • コーキング:オートン社

 

B様邸施工完成後の様子

完成後の様子です。

雨漏れの調査希望のお客様は、外壁調査実施後、外壁塗装を行います。

ミズノライフクリエイトを選んだ理由とご感想

工事後の定期報告でコメントをいただきました

B様ありがとうございます!

【B様邸】お客様の声はこちらから

 

B様邸の施工の様子

仮設足場の設置

仮設足場設置の様子です。

コーキング工事

コーキングの様子(使用コーキング)

今回、一般的なウレタン系のコーキングを使わないで、より耐久力のあるオートン社の(TF-2000)コーキングを使用しました。

コーキングの撤去(サッシ部を除く)

窯業系サイディングのジョイント部は撤去処理が基本です。このように劣化したコーキングは撤去処理を行います。

コーキング用プライマー(接着剤)塗布の様子

コーキング工事にはプライマー(接着剤)の塗布は必要です。亀裂や剥離を防ぐ効果があります。

コーキングの充填~仕上りの様子

窯業系サイディングの場合、コーキング工事は非常に重要な工事です。

洗浄作業

高圧洗浄の様子(洗浄1回目)

高圧洗浄の様子です。塗料の付着力の向上には、現状の外壁の汚れやチョーキングを十分に除去する必要があります。

バイオ洗浄の様子(洗浄2回目)

バイオ洗浄散布の様子(洗浄2回目)です。

バイオ洗浄の洗い落とし(洗浄3回目)

高圧洗浄3回目です。

塗料付着テスト(パッチテスト)

上記の施工手順から、2種類の下地専用塗料のテストを行います。

2種類の塗料をテストします。

 

パッチテスト(クロスカット試験)

パッチテスト(付着テスト)

パッチテスト(付着テスト)の様子
パッチテスト(剥離テスト)は、塗装予定の塗料と外壁との付着度・密着度を事前確認するためのテストのことです、パッチテストのことをクロスカット試験(碁盤目テープ試験)とも言います。ご自宅の外壁と塗料の相性不具合問題を回避するための非常に重要な試験です。

試験結果によっては、利用予定であった塗装に不可をかけることがあるので弊社は塗膜試験とも言っています。

このように塗装の剥離のテストを行って、旧塗膜の相性の確認を行います。10年以上外壁塗装をおこなっていない外壁は下地との相性は特に慎重に行うことをお勧めします。

(関連記事)【外壁塗装パッチテスト(剥離テスト)とは】必要性とやり方を徹底解説

塗装作業

今回利用する塗料

外壁塗装用塗料:ハイブリッドシーラー(SK化研)下塗り・プレミアムシリコン(SK化研)中塗り/上塗り

下塗り作業

パッチテストの結果より、水性ミラクシーラーエコ下塗りを行っています。

 

中塗り作業

外壁中塗りの様子です。今回塗料は、プレミアムシリコンを使用しました。

上塗り作業

ミズノライフ藤原ミズノライフ藤原

近隣と隣接しているので、メッシュシート+ブルーシートを掛けています、仕上げ塗料が青色に反射して写っています。

その他・付帯部塗装

樋裏塗装作業

屋根の庇は劣化しやすく樋の裏側は、特に劣化が激しかったので今回は、テラスのアクリルと樋を外して塗装しました。

樋の裏に雨水が回っていたので、下地が傷んでいました。横樋を一時撤去して下地の補修を行います。


 

樋・テラス復旧

樋裏の補修を行ってから、横樋の復旧~塗装作業を行います。


 

目地ガード(コーキング保護水切り)

コーキングの劣化、亀裂は窯業系サイディングには致命傷です。このようにつぎの10年後~15年後以降も劣化を防ぐには、「目地ガード」は必要です。

コーキングの劣化が目立っていたこともあり、コーキングの落下防止のは非常に効果があります。

 

施工完成後の外観

施工完成後の外観です。

雨漏れの工事も無事に工事を完工できました。

施工完成後の報告書面

 

【B様の工事感想】はこちらからご覧ください

B様のご感想(コメント)バナー