外壁塗装|施工事例一覧

外壁塗装 平野区 HT様邸
一見大丈夫??ヤッパリかなり痛んでた。

 

HT様邸外壁塗装(シリコン完成)tag

HT様邸外壁塗装(シリコン完成)

 工事期間 12日間  内容 外壁塗装
 エリア 大阪市平野区  塗料 セラミシリコン

担当:F

鉄骨住宅の外壁は、ALC材で施工されていることが、多いです。
ALC材はコーキング、塗装で表面は保護、されています、1度亀裂や雨漏れを起こす と、軽石みたいに、雨漏れを起こします。
鉄骨はサビに非常に弱くサビた鉄は強度はかなり低下します。
最近特に耐震強度が騒がれているのに、雨漏れは特に禁物、雨漏れをひどくなる前に早期の手当てをしてください。

施工のポイント

看板の支えの鉄部がサビていて、早い目に手当てが必要です。

看板の支えの鉄部がサビていて、早い目に手当てが必要です。

色味が明るくなりました。施工後

色味が明るくなりました。施工後

 

ALCの外壁は塗装を10年以上空けないで点検補修しないと亀裂やサビが発生してしまい、建物の寿命や補修に多額の費用がかかります。(コーキングの補修のチェック)

ALCの外壁は塗装を10年以上空けないで点検補修しないと亀裂やサビが発生してしまい、建物の寿命や補修に多額の費用がかかります。(コーキングの補修のチェック)

下地のチェックとコーキングの補修を行っているところ。
コーキングの劣化は10年が目安と考えるのがいいと思います。

下地のチェックとコーキングの補修を行っているところ。 コーキングの劣化は10年が目安と考えるのがいいと思います。

 

足場を組む作業から、塗装の工事は始まります、最近の工事では構成の足場を採用しています、丸太足場では、塗料を安定して乗せる事が困難なので、作業の安全面から鋼製の足場を採用しています。

足場を組む作業から、塗装の工事は始まります、最近の工事では構成の足場を採用しています、丸太足場では、塗料を安定して乗せる事が困難なので、作業の安全面から鋼製の足場を採用しています。

足場シートがけ、通行人や近隣に注意しながら作業を
進めていきます。

足場シートがけ、通行人や近隣に注意しながら作業を進めていきます。

下地塗装の様子(色分け1回)

下塗りを、厚くローラー、で柄をつけて、壁面の保護する工法を採用。

下塗りを、厚くローラー、で柄をつけて、壁面の保護する工法を採用。

小さなクラックは、厚塗り用の下地塗料を採用しました。木造住宅用の下地補修は下記に参考例を載せています。

小さなクラックは、厚塗り用の下地塗料を採用しました。木造住宅用の下地補修は下記に参考例を載せています。

下塗りの様子、少し厚塗り慕いますので柄がうきでているのが見えています。

下塗りの様子、少し厚塗り慕いますので柄がうきでているのが見えています。

塗装・中塗りの様子(色分け2回)

色分けして塗装をチェックする

色分けして塗装をチェックする

色分けして塗りムラ、塗り残しをチェックする

色分けして塗りムラ、塗り残しをチェックする

中塗り色分けの終了。

中塗り色分けの終了。

仕上げ塗装の様子(色分け3回目+仕上がりチェック)

ローラー3回塗り、仕上塗装の最後の段階です、色分け塗装は、業者にとっては邪魔な作業工程ですが、塗装の効果を引き出すのに効果的な工法です。

ローラー3回塗り、仕上塗装の最後の段階です、色分け塗装は、業者にとっては邪魔な作業工程ですが、塗装の効果を引き出すのに効果的な工法です。

コーキングもしっかり保護できています。塗りむらの補修箇所のチェックの様子。

コーキングもしっかり保護できています。塗りむらの補修箇所のチェックの様子。

仕上がりの色がしっかり出来上がりました。

仕上がりの色がしっかり出来上がりました。

鉄部ドレン部の塗装の様子

塗装の施工前の様子。

看板の支えの塗装の様子。

看板の支えの塗装の様子。

看板の支えの塗装の様子。

手すりの塗装の様子

手すりの塗装の様子