外壁塗装|施工事例一覧

コーキングの劣化を防ぐには、専用のコーキングカバー(コークガード)が不可欠です。
もともと、コーキングの劣化が気になっておられました。さほど日光が当たらない北面のコーキングの劣化がひどく、原因もお分かりにならなかったそうですが、劣化が目立つようになってきて、外壁の塗装をお考えになられたそうです。
弊社の方で外壁診断の調査をいたしました。調査の結果、当初施工時の手抜き工事によるものでした。しかし、築10年以上経過のため施工会社には直してもらえず、信頼できる業者をお探しでした。
弊社で外壁診断とメンテナンスをさせていただきました。

施工後 After

施工後 After

施工前 Before

施工前 Before

コークガードの様子。
下にコーキングを施工したあとにコーキング保護カバー(コークガード)を取り付けます。
これで経年劣化によるサイディングの目地の劣化を防ぎます。

施工前 Before

ここがポイント

コーキングの質ランク(耐用年数)を知らず、コーキングをみな同じと考えている業者が多いです。

サイディングの継ぎ目にはコーキングが不可欠です。特に劣化によるコーキングの「コーク切れ」「コーキング割れ」「コーキング脱落」は外壁寿命そのものを縮めてしまいます。

「コークガード」はおすすめの建材です。

 工事期間 14日間  内容 耐久シリコーン
 エリア 大阪市西淀川区  価格 120万円(補修工事費別)

担当:F

工事前に、事前チェックで気になるコーキングのメクレが多数見られました。コーキングの劣化が目立つ方位が北面であったことも気になります。直射日光が比較的少ない北面なのに劣化箇所が多いという事態。経年劣化によるものと考えられます。雨風は直接外壁に影響することもあり、今回はコーキング専用のカバーをおすすめしました。

施工のポイント1(コーキングカバー(コークガード)施工の様子です。)

施工前サイディングの劣化に多いコーキングの亀裂。コーキングが上から下まで切れている様子。
施工前サイディングの劣化に多いコーキングの亀裂。

コーキングが上から下まで切れている様子。

コーキングの撤去の様子。
コーキングの撤去の様子。
下処理コーキングの様子。コークガードを取り付ける前に一度、コーキング処理を済ませる。
下処理コーキングの様子。コークガードを取り付ける前に一度、コーキング処理を済ませる。

施工のポイント2(コークガード(コーキング劣化防止金物)の取り付け)

コークガード取り付け(塗装前)
コークガード取り付け(塗装前)
コークガード取り付け(養生塗装前)
コークガード取り付け(養生塗装前)
コークガード取り付け終了(塗装済)
コークガード取り付け終了(塗装済)

施工のポイント(オリジナルのバイオ洗浄)

バイオ洗浄の様子
バイオ洗浄の様子
バイオ洗浄の様子
バイオ洗浄の様子
バイオ洗浄の様子
バイオ洗浄の様子

 

足場の設置の様子

足場組の様子
足場組の様子
足場組の様子
足場組の様子
足場組の様子
足場組の様子

補修作業の様子(コーキングの様子)

コーキング前の様子(サイディングとコーキングが切断している)
コーキング前の様子(サイディングとコーキングが切断している)
コーキング撤去中
コーキング撤去中
コーキング養生
コーキング養生
コーキング注入中~プライマー(接着剤)~
コーキング注入中~プライマー(接着剤)~
コーキング仕上がり(充填)
コーキング仕上がり(充填)
コーキング仕上がり(サッシ廻り)
コーキング仕上がり(サッシ廻り)

補修作業の様子(軒天井の塗装の様子)

軒天井の塗装(ケーンエース白)
軒天井の塗装(ケーンエース白)
軒天井の塗装(ケーンエース白)
軒天井の塗装(ケーンエース白)
軒天井の塗装(ケーンエース白)
軒天井の塗装(ケーンエース白)

外壁塗装下塗り仕上げ(色分け1回目)

下塗りの外壁塗装①
下塗りの外壁塗装①
下塗りの外壁塗装②
下塗りの外壁塗装②
下塗りの外壁塗装③
下塗りの外壁塗装③

外壁塗装中塗り仕上げ(色分け2回目)

中塗りの外壁塗装①
中塗りの外壁塗装①
中塗りの外壁塗装②
中塗りの外壁塗装②
中塗りの外壁塗装③
中塗りの外壁塗装③

外壁塗装上塗り仕上げ(色分け3回目)

仕上がりの外壁塗装①
仕上がりの外壁塗装①
仕上がりの外壁塗装②
仕上がりの外壁塗装②
仕上がりの外壁塗装③
仕上がりの外壁塗装③

その他・補修作業の様子(鉄部の塗装)

鉄部塗装下塗り
鉄部塗装下塗り
鉄部塗装上塗り
鉄部塗装上塗り
鉄部塗装上塗り
鉄部塗装上塗り

施工後 After

  • 施工後 After
  • 施工後 After
  • 施工後 After