外壁塗装|施工事例一覧

約30年、外壁塗装のリフォーム経験なし。
ついに外壁から基礎にかけて亀裂が走り出しました。

もしも地震が起きたらと心配で、本気で外壁診断と耐震診断のご相談でした。
雨漏れが柱から土台にかけて建物構造に影響を与えていないのかの確認が大切です。
耐震診断は「雨漏れ」+「シロアリ」の被害が確認されると“耐震強度はNG(不可)と診断します”
住宅にとって雨漏れ・シロアリはガンと同じです。早期の手当てをおすすめします。

施工後 After

施工後 After

施工前 Before

施工前 Before

基礎は、外壁の入り隅部分の雨漏れにより土台の一部に亀裂が生じている。

施工前 Before

運よく、この亀裂は外壁が外部側に開いているので、入り隅端部の補修で済みました。
劣化の状況によっては、大型リフォームが必要になります。

 工事期間 20日  内容 超耐久シリコーン
 エリア 東大阪市  価格 120万円(ベランダ補修費別)

担当:F

基礎の雨もれの劣化はたいしたことはなかったのですが、予想以上にベランダ玄関の庇の劣化が大きかったです。
金属(鉄製)の手すりは内部に雨水が浸入しているケースが多いです。
鉄製手すりのサビやベランダ手すり(笠木)は、天井に釘止めが多く、内側に水が浸入して下地が腐ってサビているケースが多いです。
ベランダ脱落事故は起こりやすく、小さなお子様やご年配の方がいるお宅は特にご注意が必要です。通常は安全と思っている箇所だけに大事故となります。

施工のポイント1
モルタル壁の浮きの改修工事

解体・撤去モルタル壁の中の様子
解体・撤去⇒モルタル壁の中の様子
大工工事・左官下地
大工工事・左官下地
左官補修
左官補修

施工のポイント2
ベランダ壁の改修
鉄製手すりからの雨漏れによる木地の腐食

解体・撤去(メクリ)
解体・撤去(メクリ)
大工工事復旧
大工工事復旧
左官工事・モルタル復旧
左官工事・モルタル復旧

施工のポイント(オリジナルのバイオ洗浄)

バイオ洗浄の様子
バイオ洗浄の様子
バイオ洗浄の様子
バイオ洗浄の様子
バイオ洗浄の様子
バイオ洗浄の様子

足場設置の様子

足場組の様子
足場組の様子
足場組の様子
足場組の様子
足場組の様子
足場組の様子

補修作業の様子

補修前(劣化の様子)
補修前(劣化の様子)
旧塗膜とモルタルが剥がれ落ちる様子
旧塗膜とモルタルが剥がれ落ちる様子
左官材による補修
左官材による補修
拡大
拡大
塗装後
塗装後
塗装後拡大
塗装後拡大


外壁塗装下塗り仕上げ(色分け1回目)

下塗りの外壁塗装①
下塗りの外壁塗装①
下塗りの外壁塗装②
下塗りの外壁塗装②
下塗りの外壁塗装③
下塗りの外壁塗装③

外壁塗装中塗り仕上げ(色分け2回目)

中塗りの外壁塗装①
中塗りの外壁塗装①
中塗りの外壁塗装②
中塗りの外壁塗装②
中塗りの外壁塗装③
中塗りの外壁塗装③

外壁塗装上塗り仕上げ(色分け3回目)

仕上がりの外壁塗装①
仕上がりの外壁塗装①
仕上がりの外壁塗装②
仕上がりの外壁塗装②
仕上がりの外壁塗装③
仕上がりの外壁塗装③

施工後 After

  • 施工後 After
  • 施工後 After
  • 施工後 After