外壁塗装業者選びの免許・資格チェックポイント

外壁塗装を検討した際に、業者がどんな資格をもっていれば最低限安心か、塗装業者の資格について気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここでは、外壁塗装をする際に、どんな資格が必須なのか、どんな資格を持っていたらより安心か、一級建築士が外壁塗装業者選びの免許・資格チェックポイントを1級建築士が解説いたします。

 

塗装工事全体の資格としては、建設業の許可が挙げられます。

1件に500万円以上の工事の受注の際は「建設業の許可」が必要になります。

建設業の許可

建設工事を請け負い営業するには、公共工事・民間工事を問わず建設業の許可が必要となります(軽微な建設工事は許可が不要となります)。

通常、外壁塗装工事における一般住宅では該当しませんが、いろいろな保険や保証を受けるためには、建設業の許可が必要となります。

  • 有効期限あり、5年更新ごと
  • 建築士の在籍義務あり
  • 定期的に決算書の提出義務あり

    建築士(1級・2級・木造建築士)

    建築士は、一般に1級建築士・2級建築士・木造建築士に分かれています。

    外壁塗装はもちろん工事本来の問題点や建築物全体の劣化の状況説明やアドバイスを建物の規模に応じて、1級建築士・2級建築士・木造建築士という資格区分に分かれています。

    • 建物の診断~劣化状況の審査
    • 見積書の確認・説明 (専門による)
    • 工事の内容のチェック・説明
    • 工事の工程の管理

    建設業の許可(塗装工事業の許可)

    塗装業の許可は、塗装工事に特化した建設業許可になります。

    弊社も塗装工事業の専門で事業を行っている部門がありますので、「建設業の許可の塗装工事業」の許可を所有しています。

    • 代表者等が10年以上、塗装業務についていることが条件。
    • 有効期限5年ごと更新

     

    ミズノライフ水野ミズノライフ水野

    悪徳業者の見分け方になりますが、悪質な工事を行っていた業者は更新が認められません。外壁塗装業者選びの際のチェック項目の一つとして確認しておくことをおすすめします。

     

    工事の管理をする場合は(施工管理技士)の免許

    1級建築施工管理技士は、施工過程における現場の状態の工事計画に重点をおきます。現場管理の1級建築士と言われています。

    施工計画、工程管理、品質管理、安全管理など工事の管理には様々な知識・経験が求められます。

    一般的に一級建築士は設計監理のスペシャリストで工事等の管理も行っていましたが、近年は1級建築施工管理技士が、施工管理のスペシャリスト(建築エンジニア)として認識されてています。

    特に外壁塗装の小規模工事において施工管理技士が現場管理を行うことが近年多くなってきています。

    足場組立等作業等作業主任者

    労働安全法で高さ5m以上の足場の組立、解体における作業には「足場の組立等作業主任者」を配備する必要があります。

    また、別として「足場作業等作業従事者」という資格もあります。

     

    塗装技能士

    塗装技能士は都道府県職業能力開発協会による技能検定の合格者による国家資格です。

    塗装技能士は塗装技術を認定する国家資格で検定試験では下記の5つにわかれます。

    • 木工塗装作業
    • 建築塗装作業
    • 金属塗装作業
    • 噴霧塗装作業
    • 鋼橋塗装作業

    塗装技能士には1級2級3級があります、どれも一定の実務経験が受験資格になります。

    1級:実務経験7年以上
    2級:実務経験2年以上
    3級:実務経験6ヶ月以上

     

    有機溶剤作業主任者

    労働安全衛生法に定められた作業主任者(国家資格)。
    国が定めた、講習を修了した者に資格が与えられます。(有機溶剤作業主任者技能講習)

    有機溶剤による身体的な被害防止の指揮・監督を行う業務を常とし、労働安全衛生上の労働者の衛生面と健康面の確保にも配慮することも義務付けられています。

    同時に、消防上の危険物の取扱の点からも配慮が必要とされています。

     

    その他の資格

     

    非破壊試験技術者(建築物のレントゲン撮影と言われている)

    非破壊試験技術者は、一般社団法人 日本非破壊検査協会の検査技術者の資格です。

    建物の劣化を赤外線サーモカメラにより正確に、外壁塗装の劣化、外壁の剥がれ・雨漏れを調査・診断を行います。

    • 赤外線サーモグラフィー試験ーレベル1
    • 赤外線サーモグラフィー試験ーレベル2
    • 赤外線サーモグラフィー試験ーレベル3

    建築物のレントゲン撮影と言われている

    非破壊試験技術者資格証明書
    非破壊試験技術者資格証明書

     

    その他の診断士

    その他にも下記のような資格を持っている人も多いです。

    • 窯業系サイディング塗替診断士
    • 雨漏り診断士
    • カラーコーディネーター
    • 色彩検定

     

    色彩、デザインなどの相談においては、カラーコーディネーター、色彩検定をもっている人にすると良いでしょう。

    雨漏りであれば雨漏り診断士の資格を持っていれば一定の知識を持っていると思われます。

      資格を持った職人、管理者に依頼したい場合は、事前に業者に確認ておきましょう。

       

      建設工事保険について

      免許書の悪用・更新の許可されずに、更新切れの業者・トラブルが多いリフォーム工事の代表格であるのが塗装工事です。

      塗装工事問題・塗装工事の契約・塗装工事の瑕疵など、工事契約を結ぶ前に、以下の保険に加入していることを、確認や質問しておくと良いでしょう。

      • 工事保険…工事中に現場で事故や盗難が起きたときの保険 
      • 労災保険…工事中に作業員に事故が起きたときの保険  
      • 瑕疵(かし)保険…工事後に施工不良が起きたときの保険 

       

      工事保険・労災保険・瑕疵保険のカタログ
      参考:工事保険・労災保険・瑕疵保険のカタログ

       

      ミズノライフ水野ミズノライフ水野

      これはとても重要で、塗装工事終了後も工事の保証してもらえる工事保険をお勧めします。

       

      資格だけで選ぶのは危険

      ここまで資格をご紹介しましたが、資格はあくまで一定の知識・経験があることを証明するもので、持っているに越したことはありませんが、資格だけで安心するも危険です。

      外壁の塗装工事において資格を所有していても、本当に顧客に対して丁寧に・親身になって相談や内容を説明してくれるかが大切です。

      職人さんや業者さんの中には、口下手な方もおられますが、現場作業はとても素晴らしい方もたくさんおられます。

      一級建築士でもわからないことも、的確にアドバイスをしてくれる職人さんもまだまだたくさんおられます。

      もし気になる方は「年配の方や女性一人でも安心できる外壁塗装打ち合わせの虎の巻」このコラムも参考になると思います。

       

      まとめ

      まとめです。今回は、外壁塗装工事に関わる資格・免許のご紹介をしました。

      なお、「軽微な建設工事」は建設業許可が不要となります。

      また資格は重要ですが、本当に顧客に対して丁寧に・親身になって相談や内容を説明してくれるかが大切です。

      ですから、資格の確認だけでなく、打ち合わせなどで親身になって相談してくれるかなども考慮して業者選びをされると良いのではないかと思います。

      弊社も大阪を中心に皆様のお家の外壁塗装工事をさせていただいております。

      もし外壁塗装工事で疑問点・ご相談などございましたら「外壁塗装・塗り替え相談会」にお越しいただけたらと思います。

      最後までご覧いただきありがとうございました。