秋は外壁塗装におすすめの季節

 

「そろそろ家ができて築10年。気づけば外壁も塗装の剥がれや亀裂などが起きたので外壁塗装をしたいけど、秋は外壁塗装に向いているのだろうか??」と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

結論から言うと、秋は外壁塗装におすすめの季節です。

一般的な戸建住宅は、10年に一度などの定期的なメンテナンスを施すことで劣化・老朽化の進行を抑え、美観も保持することができます。

今回は、これまで1万件以上の施工をしてきた弊社が、秋に行う外壁塗装のメリット・デメリットについてご説明します。

 

秋は外壁塗装におすすめの季節

外壁の塗り替えをするなら季節的には「秋(9〜11月)」または「春(3月〜5月)」がおすすめです。

理由は湿度や気温が冬や夏に比べると塗装の乾燥や定着に向いているからです。

メリット デメリット
秋に行う外壁塗装 ・気温が安定していている

・日射時間も比較的十分な時間もとれる

・近年頻繁に上陸している台風やゲリラ豪雨のタイミングによっては延期などスケジュール通りに行かないこともある

 

一般的に、気温が著しく低い「冬」の場合、大気が低温でも塗料が定着しにくく、また気温の高い「夏」の場合も、塗料が乾燥早くなりやすく、塗料が定着しにくくなると言われています。

具体的には「気温5度以下」または「湿度85%以上」が塗装工事に不向きと言われています。

(※)「冬の気温が低と外壁塗装が出来ない」「夏は気温が高いから外壁塗装に向かない」というわけではありませんのでご注意ください。同じ日本でも地域によって異なります。しかし、一般的に外壁塗装をご検討されておられるなら、スケジュール通りに塗装工事が完了しやすい「秋」や「春」がおすすめです。

 

大阪の塗装工事の現場では意外と年中OKです

実際に大阪を中心に現場で塗装工事を行っている弊社としては、関西圏の場合は山間部を除いて冬もそれほど寒くならないので、冬でも塗装工事は基本的に問題ありません。また、夏も台風でスケジュールが乱れるなどの注意事項はありますが、塗装工事は可能です。

※しっかりした専門業者の場合は、事前に塗膜テストを行い、問題ないかを確かめてから施工に入ります。
(関連記事)【外壁塗装パッチテスト(剥離テスト)とは】必要性とやり方を徹底解説

特に、冬は塗装工事が閑散期となってくるため、業者によっては繁忙期の春や秋よりも、スケジュールなどに融通がききやすい場合もありますので、まずはお近くの専門業者に相談してベストな時期を検討してみると良いのではないかと思います。

外壁塗料のカタログから季節を考える

外壁塗装の気温について

上記の弊社の施工手順(カタログ確認用)※ー1 気温23℃について

上記はSK化研さんプレミアムシリコンにおける弊社の施工手順書です。

各塗料メーカーのカタログにおいて、気温23℃が一般的な目安の気温として表示されています。

外壁塗装の乾燥時間について

上記の弊社の施工手順(カタログ確認用)※ー2 塗装の間隔時間について

また※-2には、下塗り~中塗り~上塗りの塗装工事の塗料の乾燥時間に記載しています。

3時間から7日までの間隔で塗装を行います。状況にもよりますが、1面1面の塗装を行うには乾燥時間は重要な項目で、気温や湿度によって異なる対応が必要な場合もあります。

気温5℃以下や湿度85%以上の場合は、利用する塗料が問題ないかが確認項目です。

 

外壁塗装の湿度について

なお、弊社では、通常雨天(雨降り)は外壁塗装の工事は行っていません。

外壁の洗浄等々の状況によっては雨天時の方が都合がいい場合を除いて、湿度85%を超える場合の外壁塗装工事は避けた方が無難です。

ミズノライフ水野ミズノライフ水野

ここからは、各季節ごとの外壁塗装の特徴をご紹介します。

 

季節ごとの外壁塗装の特徴

外壁塗装における季節ごとのメリット・デメリット

外壁塗装に適した時期になると、気温が一定以上(5℃以上)で空気が乾燥していることが理想です。

湿度が85%以上の状態での外壁塗装工事の状況によりますが、できればさけた方が無難です。

ですので、一年を通じて気温5℃以下の時期や湿度を85%を超えなければ、年中外壁塗装の工事が可能といえます。

なお、気候が安定した春・秋だけでなく、夏・冬に塗装工事を行うメリットもあります。それぞれについてご紹介していきます。

春に行う外壁塗装の特徴

メリット:気温・湿度ともに、秋と同様で比較的気候が安定しています。

デメリット:シーズン的には、春雨前線による影響に注意が必要です。前線による雨が降りやすくなりがちで、外壁塗装の工事が遅れる場合があります。

春(3月~5月)の気象状況は、

  • 平均気温:①より 15.1℃ (秋と比較して平均気温は低い)
  • 平均湿度:②より 59.3% (秋と比較して平均湿度はやや高い)
  • 平均日照時間:③により 189.5時 四季の中でも一番高い

このことより、春・秋は外壁塗装にいいといわれる理由といえます。

 

夏に行う外壁塗装の特徴

メリット:夏日と言われているように、晴れの日が続きやすいという点においては外壁塗装におすすめです。

デメリット:デメリットは湿度や気温の問題です。また、夕立や夏場の雨に対しては、塗装工事中は養生シートが張られていますので、窓を開けられないため、エアコンや空調の確認が必要です。天気予報で夕立予報の場合は、塗装工事の着工判断は要検討になります。

夏(6月~8月)の気象状況は、

  • 平均気温:④より 26.8℃ (秋と比較して平均気温は高い)
  • 平均湿度:⑤より 68.0% (秋と比較して平均湿度はやや高い)
  • 平均日照時間⑥により 186.9時 四季の中でも1番に高い

このことより、夏は外壁塗装には、湿度(雨天)に注意を行えばいいといえます。

※上記はあくまで平均気温・湿度ですので、平均から外れる場合は注意が必要です。

 

秋に行う外壁塗装の特徴

メリット:春と同様に気温、湿度ともに安定しています。気温も大阪市内では10℃を下回らないと思われます。天候の配慮は雨天の注意だけでいいと思われます。

デメリット:秋の気候の特徴は、秋雨前線・台風による雨降りによる影響がデメリットとなります。また台風やゲリラ豪雨対策も必要です。

秋(9月~11月)の気象状況は、

  • 平均気温:⑦より 19.5℃ (1年を通じて平均気温は中間の値)
  • 平均湿度:⑧より 65.3% (1年を通じて平均湿度は中間の値)
  • 平均日照時間:⑨により 160.1時 四季の中でも中間の値

このことより、春・秋は外壁塗装にいいといわれる理由といえます。

 

冬に行う外壁塗装の特徴

メリット:春に次いで、湿度が低くなります。(大阪市の冬(12月~2月)の平均湿度 は61.0%)外壁塗装には意外といい時期になります。また開口部の養生を気にしなくても、日常生活に不具合が少なく工事が行えます。また業者にとって比較的閑散期ですので、技術のある塗装職人を選べる事が可能性大です。

デメリット:大阪市内では、平均気温が7.2℃というように、5℃以下になりやすいので、凍結・降雪の可能性の外壁塗装は十分な注意が必要です。

冬(12月~2月)の気象状況は、

  • 平均気温:⑩より 7.2℃ (1年で平均気温は低い)
  • 平均湿度:⑪より 61.0% (春と比較して平均湿度はやや高い)
  • 平均日照時:⑫により 146.4時 四季の中でも一番低い

このことより、冬は気温に注意する必要があります。

※上記はあくまで平均気温・湿度ですので、平均から外れる場合は注意が必要です。

 

梅雨(雨期)に行う外壁塗装の特徴

メリット:梅雨の影響が受けやすく、雨天が続きやすいです。これらの事から、一般的には業者の予約がとりやすいでため、技術のある塗装職人を選べる事が可能性大です。

デメリット:梅雨による長雨により外壁塗装の工事が進まず、予定以上に工期が伸びる可能性があります。

ミズノライフ水野ミズノライフ水野

これらの季節の特徴は、弊社の感想になります。工事の内容や工程より変更されます。

 

まとめ 「秋は外壁塗装におすすめの季節」

まとめです。今回は、秋は外壁塗装におすすめの季節なのかどうかをご紹介しました。

一般的に秋(9月〜11月)は外壁塗装におすすめの季節です。気候も安定していますのでおすすめです。

また、冬場といってもシーズン中、毎日気温5℃以下はまずありませんし、また梅雨といえども晴天の日もありますので、夏や冬・梅雨でも工事が不可能ではありません。

なお、今回、参考に大阪府の気象庁さんの資料を使わせていただきました。ここで言えるのは、塗装業者はシーズンの特徴を十分に考慮して塗装工事を行う必要があります。

外壁塗装の手順を状況の変化に合わせられるか、外壁塗装の施工技術が季節のタイミングより大切です。

なお、弊社も大阪を中心に皆様のお家の外壁塗装工事をさせていただいております。

もしご自宅の外壁劣化の状況が気になったり、外壁塗装のことで疑問点・ご相談などございましたら「外壁塗装・塗り替え相談会」にお越しいただけたらと思います。

大阪で外壁塗装を考えておられましたら、是非ご検討いただければ幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。