雨の日に外壁塗装は出来ない?問いに答えます

「最近雨がつづいているけれど、雨の日に外壁塗装はできるのだろうか?」「スケジュールは大丈夫だろうか」と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

結論から言うと、雨の日は基本的に外壁塗装作業(下塗り・中塗り・上塗り)はできません。

今回は、これまで1万件以上の施工をしてきた弊社が、雨が与える外壁塗装工事への影響についてご説明します。

 

雨が与える外壁塗装工事への影響

基本的に塗装作業は雨の日にできません

基本的に雨の日は、塗装作業(下塗り・中塗り・上塗り)はできません。

仮に雨の日に外壁塗装を行うと、以下のような悪影響が起こります。

  • 塗装した塗料が雨で流れ落ちる
  • 雨により塗料が外壁に定着しなくなる
  • 雨により色ムラができたり、見た目が悪くなる
  • 後々の剥離や浮き・クラックなどのトラブルの可能性が大きくなる

また、雨で湿度が上ると外壁塗装に白濁(はくだく)が現れて、塗装に悪影響を及ぼすこともあります。

気温と湿度について

一般的に塗装は、「気温5度以下」「湿度85%以上」が塗装工事に不向きと言われており、雨の影響により湿度が85%以上になったときも、一旦塗装工事を見合わせることもあります。

 

 

外壁塗装に雨の日は不向きな理由

外壁塗装に雨の日は不向きな理由は「塗料が溶けて流れやすくなったり」、「乾燥前に水分を含むことで塗膜がしっかり定着せず」悪影響を及ぼすからです。

健全な状態の外壁塗装

 

通常の光沢を維持していて、「艶ありの場合、均一な光沢を維持しています」

雨天の場合の外壁塗装について (イメージ図)

 

 

水滴や塗膜内の水分が塗装の表面に付着して、乾燥が均一に行われていない様子

時間差の乾燥による塗装面の様子(イメージ図)

 

塗装表面に時間差による乾燥の結果、塗膜表面に起こる小さな凹凸の様子

 

中塗り塗装の後雨が降り出し、外壁の表面がひび割れが起こっている外壁の様子

塗装表面のひび割れの様子

 

 

【水性塗料を利用する場合】外壁塗装の場合、水性塗料を多く使用します。突然の雨が塗装作業中に振る場合があります。その場合水性塗料は雨水に溶けて、流れやすく、塗り直しを行う場合があります。

 

【油性塗料を利用する場合】外壁塗装の場合、油性塗料も使用します。その場合塗料の乾燥前に水分を含むことにより、塗装の仕上りに悪影響を及ぼします、その結果再塗装をおこなう場合があります。

結果としてひび割れや塗料の浮き・ふくれなどが起こりやすくなり、再塗装が必要になる場合もあります。

 

ミズノライフ水野ミズノライフ水野

最近の塗料は、少々の雨天を想定して対応している塗料もあります。梅雨などの場合は、塗装業者と協議をしてください

 

雨の日にでも進行できる作業

雨の日に塗装作業はできませんが、それ以外の作業は雨の日にでも進行できる場合があります。

外壁洗浄作業は雨天でも工事可能

外壁洗浄の作業は雨の日でも工事が可能です。意外ですが、足場の作業に注意すれば外壁・屋根の洗浄作業は、雨天に向いています。

足場の作業なので、放水により滑りやすいので、より注意が必要になります。しかし雨量の程度によりますが雨の日にも洗浄作業など塗装以外の作業であれば進行することが出来ます。

ミズノライフ水野ミズノライフ水野

ビニールの養生撤去の作業や足場の設置・解体作業も、少々の雨天でも行うこともあります。雨も日に工事を行わないとは言い切れません、状況によります。

ガレージ内や軒天の塗装は雨天でも工事可能

意外とガレージの内部の壁・天井は塗装工事が可能な場合もあります。

下記のような場所であれば雨の影響を受けにくいことがわかります。

雨降りの場合には、基本外壁塗装の塗装用作業はむつかしいですが、ガレージ等の雨水が直接当たりにくいところでは、塗装工事が可能といえます。

雨の日の塗装作業に要注意

業者のなかには、多少の雨であれば塗装作業を進めるところもあるようです。

その時の状況にもよるのでしょうが、弊社の場合基本的に雨の日は塗装作業をストップしています。

業者側の都合を考えれば「スケジュールを遅延させたくない」という意識があるかもしれませんが、雨の日の塗装作業はトラブルを起こす原因にもなりますので、できれば事前に雨の日の作業について意識合わせの打ち合わせをしておいたほうが無難かもしれません。

 

 

雨の日が続いた場合のスケジュール遅延

雨の日が続いた場合、スケジュールが遅延することもあります。

重要な点としては、業者とのコミュニケーションです。

工程表に記載しているスケジュールを確認して、作業が遅れている場合は、どのくらい遅れそうかなど施主と業者で意識合わせを行いましょう。

雨の日が続いた場合、塗装工事のスケジュールが遅延する場合もあります。

ミズノライフ水野ミズノライフ水野

塗装業者も基本的に雨天に塗装作業はしないと思いますが、できれば、事前打ち合わせの際に、天候による、遅延の場合の対応についても確認しておくことをおすすめします。

 

まとめ

まとめです。今回は、これまで1万件以上の施工をしてきた弊社が、雨が与える外壁塗装工事への影響についてご説明しました。

結論から言うと、雨の日は基本的に塗装作業(下塗り・中塗り・上塗り)はできません。

天気は制御できるものではありませんので、重要なのは業者との作業スケジュールに関する認識合わせだと思います。

また、例外として下記のような工事は雨の日でも作業できる場合があります。

  • 外壁洗浄は雨の中も施工あり
  • ガレージ内や軒天の塗装
  • ビニールの養生撤去
  • 足場の設置・解体作業

等々があります。

なお、雨といっても程度や状況にもよりますので、一概に雨の塗装工事はできないのというわけではありません。状況により特別なケースがありますので、塗装業者と打ち合わせをよく行いましょう。

なお、弊社も大阪を中心に皆様のお家の外壁塗装工事をさせていただいております。

もしご自宅の外壁劣化の状況が気になったり、外壁塗装のことで疑問点・ご相談などございましたら「外壁塗装・塗り替え相談会」にお越しいただけたらと思います。

大阪で外壁塗装を考えておられましたら、是非ご検討いただければ幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。