ミズノライフクリエイト マスコットライオン

外壁塗装の勝ち組・外壁塗装の負け組

最近の傾向なのでしょうか、奥様やお子様に見積もり依頼される方が、時々おられます時間のないのは業者も同じです、外壁塗装を『工場生産品』と勘違いされているのではと思われているのではないでしょうか?お客様からみれば、「知り合いのOOさんは、OOの塗料でOO円で出来たよ、」だから私のところもこれぐらいか?そのノリで見積を2~3件ご本人さんが出ずに、奥様やお子様に見積の代役をさせられる方がおられます、

建築士としてみれば非常にまずいのではないのではと思えます、シリコンといえども有機系の塗料の場合安易に外壁塗装の塗料を業者任せの外壁塗料を採用すると、カビやコケは繁殖を進めます初めの2~3年はおとなしくしていて4~5年目以降に「外壁塗装に黒い斑点がウヨウヨ現れてきます。出てきてからでは遅いです塗装と外壁の下地に起こりますので、たちが悪いです、このように外壁塗装の見積は必ず、家の責任者がキッチリご自身の目で業者の説明を聞き、チェックを行っていただきたいです。

新築から7~10年毎に外壁塗装を欠かさないお施主様は別ですが、たいがいの場合業者に言われるまで放置されていたか、雨漏れ、コーキングの劣化、ひび割れなどで、あわてての見積依頼は特にご注意してください。

外壁塗装を安さの追求されるかたは別として、ほとんどのかたは「外壁塗装で失敗したくない」「外壁塗装で私は騙されない」と思われている

かたがほとんどです、プロと一般の方との違いは現場をどれだけ知っているか、またはお客様にどれくらいお客様目線での施工事例をしているか

の違いと思います、ただそれだけです、外壁塗装とひとくくりに「ウレタン外壁塗装」「シリコン外壁塗装」「フッソ外壁塗装」と外壁の劣化状況や外壁の環境

によってもいろいろ態様が変わってきます、予算はも勿論たいせつですが、まずご自身にあった劣化、環境地域を把握して施工事例を参考にして

価値ある外壁塗装を成功させてください。