5階からの雨水の侵入の説明

 

「雨仕舞いを考えないで、外壁塗装はやってはダメアルミ笠木板金からの漏水」

築15年の総合クリニックにおける 慢性化した建物の調査の結果の雨漏れの説明

 

足場がなくても雨漏れが分かる理由

 

雨漏れ診断:赤外線サーモ画像と可視画像の説明

 

  • 今回のサーモ画像はレインボーカラーを使用しています(今回の診断判定)
  • 高温(雨が漏れていない=温度の高い)の赤外線サーモ画像は(赤系の暖色系)
  • 低温(雨が漏れている=温度の低い)の赤外線サーモ画像は(青系の寒色系)
  • サーモ画像は状況の判断により、イメージカラーが変わります

① 仮設足場の設置無し5階のパラペット周辺から、強風+豪雨による雨水の侵入が予測ができます。(赤外線サーモ画像=非破壊検査)

①-1 赤外線サーモ調査の説明(非破壊検査)

雨漏れの侵入経路を見る(赤外線サーモ画像の解析)

部分的な、温度の変化(濃い青色部)による、雨の侵入の調査を行います。

5階の笠木またはパラペット部周辺より雨水が侵入していているのが画像でわかる

青色の➡雨水がたまっていて低温(温度が低くなっている)になっているのが分かります

周囲の外壁(ALC)の温度は、雨水が通貨または乾燥していて、高温(温度が赤色系)と考えられます。

② 赤外線サーモ調査の結果、雨漏(東面)5階から1階に直接雨漏れが起きている説明 (一級建築士の施工監理)

②-1 雨漏れの侵入経路を打診検査等から見る(目視検査画像の解析)

■ 建築用語または各部の説明

 

■ 建物東面よりの説明画像

今まで雨漏れが止められなかった理由

※ 一般の業者は、5階から1階の雨漏れを考えないのが普通です、原因が分からず「ヤマカンでは雨漏れ止められなかったといえます。」

※ 通常はパラぺット部上部には防水がされているものと「根拠のない思い込も危険!。」

④ 雨漏れの原因は「防水シートの施工不良」

施工不良の説明画像

このように、防水シートの施工不良による雨漏れが近年、台風以来数多く起こっています。

屋上防水の各部の説明の画像

 

⑤ ①④の内容から「雨漏れの原因は、施工不良」

 

築15年以上経過した、雨漏れ物件は「塗り替えでは、劣化の再生は無理と考えるべきです」

このように3回塗り・コーキングでは雨仕舞の不備の雨漏れは直せない

 

新着コラム

一級建築士が雨漏れを斬る!

外壁診断バナー広告

 

建物のレントゲン写真

あまりなじみのない、「雨漏れ、外壁の痛み・老朽化」は言葉で説明されてもわからないのが本音

「赤外線サーモ診断は建物のレントゲン」写真とおもってください。

一級建築士・診断士が行う外壁診断

雨漏れ劣化のイラスト

外壁劣化・雨漏りが気になり始めた方へ外壁塗装・外壁リフォームでは、工事の前に建物の劣化・雨漏れの原因を知ることが大切です。

「劣化・雨漏れ(及びその予備軍)」を特定せずに安易に工事をしてしまうと、短期間で雨漏り・不具合の再発につながります。

下記のような方はまず外壁診断をご検討ください。

  • 建物の劣化が気になり始めたので、プロに家の状態を診断して欲しい方
  • 台風や大雨のダメージで、建物の雨漏れ・亀裂に不安がある方
  • 慢性の雨漏れに悩んでいる方

外壁診断サービス詳細はこちら

外壁、屋根塗装工事・防水工事・外装工事をお考えならミズノライフクリエイトにお任せください

 

外壁、屋根塗装工事・防水工事・外装工事は定期的メンテナンス(約10年毎~)さえおこなえば、いつまでも高級感のある外観・内装を維持することができます。

弊社では豊富な施工実績をベースに品質の高い工事を行います。タイルのリフォーム・補修工事をお考えならミズノライフクリエイトにお任せください。


お見積もり依頼ご来店相談の予約外壁・屋根の診断雨漏り修理の診断ご質問・ご相談その他

(※)可能な限り早くお返事をするように心がけておりますが、少人数体制でコストダウンを図っておりますため、繁忙期などお返事・調査が遅れる場合がございますのでご了承ください。お急ぎの場合は簡易見積もりをお送りさせていただきます。

フリーダイヤル電話

ミズノライフ水野ミズノライフ水野

まずはお気軽に「ホームページを見ました」とお問い合わせください。
親切・丁寧にお応えさせていただきます!