外壁塗装の気温と湿度の徹底解説

「外壁塗装に向いている気温や湿度はあるのだろうか?今は冬だが、寒くても外壁塗装はできるのだろうか」と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

結論から言うと、外壁塗装に向いていない・NGな気温と湿度はあります。

具体的に言うと「気温5度以下」または「湿度85%以上」の環境は外壁塗装は避けた方が無難です。

今回は、これまで1万件以上の施工をしてきた弊社が、外壁塗装に向いていない気温と季節についてご説明します。

 

外壁塗装に向いていないNGな気温と湿度

外壁塗装に向いていないNGな気温と湿度は、ずばり「気温5度以下」または「湿度85%以上」です。

「気温5度以下」または「湿度85%以上」の環境で外壁塗装を行うと下記のような問題が発生する可能性が大きくなります。

  • 色ムラ
  • 艶引け
  • 塗膜面のケロイド状態
  • ひび割れ 等々

 

逆に言うと、外壁塗装に適した環境は、気温が一定以上(5℃以上)で空気が乾燥していることが理想です。

ですので、一年を通じて気温5℃以下の時期や湿度を85%を超えなければ、年中外壁塗装の工事が可能といえます。

 

外壁塗料のカタログから季節を考える

下記はSK化研さんプレミアムシリコンにおける弊社の施工手順書です。

各塗料メーカーのカタログにおいて、気温23℃が一般的な目安の気温として表示されています。

■(例)プレミアムシリコンの場合

外壁塗装の工程 間隔時間
下塗り

水性SDサーフエポ

3時間以上開ける

外壁洗浄後の外壁面の乾燥している状態は必要です。下塗り塗料の乾燥に気温・湿度は関係します。

中塗り

プレミアムシリコン

3時間以上開ける

下塗り後の外壁面の適度の乾燥している状態は必要です。中塗り塗料の乾燥に気温・湿度は関係します。

上塗り

プレミアムシリコン

3時間以上開ける

中塗り後の外壁面の適度の乾燥している状態は必要です。上塗り塗料の乾燥に気温・湿度は関係します。

健全な状態の外壁塗装の様子

しかし気温と湿度は外壁塗装・屋根塗装の品質に大きく関係します。

適切な気温と湿度で外壁塗装を仕上げると、劣化の原因の紫外線から外壁を守ります。

一般的に雨の日も外壁塗装はNG

本記事では湿度・気温について解説していますが、一般的に雨の日も外壁塗装はNGです。

水性塗料の場合に突然雨が降った場合の処置

最近は外壁塗料の主流は水性塗料が多く扱われています。塗装直後の乾燥前に、急に雨が降り出すと、塗料が溶けて流れてしまい再度塗り直しという事態になってしまいます。

油性塗料の場合に突然雨が降った場合の処置

また、油性の塗料の場合は、水分の影響で塗装面が白く濁っているような塗装の状態を白濁(はくだく)といいます。この場合も再度塗り直しという事態になってしまいます。

(関連記事)【雨の日に外壁塗装はできない?】雨の日の塗装工事の影響

 

気温5度以下が外壁塗装に向いていない理由

まずは、気温5度以下が外壁塗装に向いていない具体的な理由について解説していきます。

気温と外壁塗装の仕上りについて

気温が5度以下の場合に外壁塗装に向いていない理由は「乾燥に時間がかかる」ことと「結露が起きやすくなること」の2つが大きく挙げられます。

 

乾燥に時間がかかるとどうしていけないか?

    先程あげたメーカーの仕様だと気温23℃が目安になっています。

    12.5℃の場合は6時間の間隔時間を空けないといけないというわけではありませんが、一般的に気温が下がると乾燥に時間を要します。

    外壁塗装の場合、5℃以下の気温が低い場合は凍結(凍害)を意識して、特に夜間の冷え込みなど注意を払って、外壁塗装の工事を進める必要があります。

     

    結露が起こりだすことどうしていけないか?

    結露が起こりだすとどのような問題が発生するかを解説します。

    天候の変化により、十分に乾燥していない外壁塗装の工事中または工事終了後に、気温の低下等による結露が外壁の表面に現れだします。また外壁塗装の乾燥に著しく時間がかかることもあります。

     

     

    ミズノライフ水野ミズノライフ水野

    外気温が急に下がって、塗装の乾燥が遅れると塗料の内部と表面にも結露がおこる場合があります。

    このように結露の水分が乾燥すると、水分の跡が現れます。微細な凹凸が外壁塗装の仕上りや艶なし仕上げのようになります。

     

    気温5度以下に外壁塗装をしたときに起こりやすい不具合

    前述のように気温五度以下になると、乾燥時間が普通よりもかかったり、結露が起こりやすくなり、結果的に色むらや艶引け、ひび割れなどさまざまな不具合を起こします。

    気温が低いと下図のように、塗料の乾燥前に水分が凍結を起こして、塗膜不良になってしまいます。細かいひび割れや、クラックが起こりやすく、見た目にも仕上りの不備が目立ちます。

     

    湿度85%以上が外壁塗装に向いていない理由

    湿度85%以上が外壁塗装に向いていない理由について説明していきます。

    湿度と乾燥の関係について

    湿度が高いと塗装表面が不十分な乾燥状態で塗膜表面に水分が付着します。

     

    水分が入り込み凹凸ができた状態で乾燥すると、下記のように水分蒸発跡ができてしまい、艶引け(光沢がなくなります)の問題が発生します。

     

    ミズノライフ水野ミズノライフ水野

    外壁塗料の主流の水性塗料は、油性の塗料と比較して水分が多く含まれています。外壁塗装の工程の中において、乾燥工程はとても大切です。塗装面に湿気や水滴が付着することにより、適切な仕上がりになりません。

     

    このように、天候は外壁用の塗料に大きく影響を与えます。

    最近は各塗料メーカーも品質は向上しているものの、塗料には十分な乾燥が必要です。塗料の乾燥が不十分だと、塗料の乾燥工程中に、塗膜内部や表面に水分が発生します。

     

    外壁塗装に向いている季節

    外壁の塗り替えをするなら季節的には「秋(9〜11月)」または「春(3月〜5月)」がおすすめです。

    理由は湿度や気温が冬や夏に比べると塗装の乾燥や定着に向いているからです。

    メリット デメリット
    秋に行う外壁塗装 ・気温が安定していている

    ・日射時間も比較的十分な時間もとれる

    ・近年頻繁に上陸している台風やゲリラ豪雨のタイミングによっては延期などスケジュール通りに行かないこともある

    一般的に、気温が著しく低い「冬」の場合、大気が低温でも塗料が定着しにくく、また気温の高い「夏」の場合も、塗料の乾燥が早くなりやすく、塗料が定着しにくくなると言われています。

     

    (※)「冬の気温が低と外壁塗装が出来ない」「夏は気温が高いから外壁塗装に向かない」というわけではありませんのでご注意ください。同じ日本でも地域によって異なります。しかし、一般的に外壁塗装をご検討されておられるなら、スケジュール通りに塗装工事が完了しやすい「秋」や「春」がおすすめです。

    (関連記事)【秋は外壁塗装におすすめの季節】秋に行う外壁塗装のメリットデメリット

     

    大阪の塗装工事の現場では意外と年中OKです

    実際に大阪を中心に現場で塗装工事を行っている弊社としては、関西圏の場合は山間部を除いて冬もそれほど寒くならないので、冬でも塗装工事は基本的に問題ありません。また、夏も台風でスケジュールが乱れるなどの注意事項はありますが、塗装工事は可能です。

    ※しっかりした専門業者の場合は、事前に塗膜テストを行い、問題ないかを確かめてから施工に入ります。
    (関連記事)【外壁塗装パッチテスト(剥離テスト)とは】必要性とやり方を徹底解説

    特に、冬は塗装工事が閑散期となってくるため、業者によっては繁忙期の春や秋よりも、スケジュールなどに融通がききやすい場合もありますので、まずはお近くの専門業者に相談してベストな時期を検討してみると良いのではないかと思います。

     

    まとめ 外壁塗装に向いていない気温と湿度

    まとめです。今回は、これまで1万件以上の施工をしてきた弊社が、外壁塗装に向いていない気温と季節についてご説明しました。

    具体的に言うと「気温5度以下」または「湿度85%以上」の環境は外壁塗装は避けた方が無難です。

    無理に進めると下記のような問題が発生します。

    • 色ムラ
    • 艶引け
    • 塗膜面のケロイド状態
    • ひび割れ 等々

     

    重要なのは、外壁塗装の手順を状況の変化に合わせられるか、外壁塗装の施工技術が季節のタイミングより大切です。

    なお、弊社も大阪を中心に皆様のお家の外壁塗装工事をさせていただいております。

    もしご自宅の外壁劣化の状況が気になったり、外壁塗装のことで疑問点・ご相談などございましたら「ミズノライフクリエイト」にお越しいただけたらと思います。

    大阪で外壁塗装を考えておられましたら、是非ご検討いただければ幸いです。

    最後までご覧いただきありがとうございました。