塗装で利用する主要な塗料について

弊社では外壁塗装で利用する主要な塗料として、「ウレタン塗料」「シリコン系塗料」「フッ素塗料」「断熱塗料ガイナ」「無機塗料」を利用しています。

各塗料の比較
 

主要な使用塗料一覧

弊社では外壁塗装で利用する主要な塗料として、「ウレタン塗料」「シリコン系塗料」「フッ素塗料」「ガイナ塗料」「無機塗料」を利用しています。

それぞれの塗料の特徴は下記の通りです。

塗料名 耐用年数 参考価格(※) 特徴 弊社からのコメント
ウレタン塗料 6~8年 50万円〜 【安さ】 10年未満の間隔で外壁塗装を検討されている方には比較的いいと思います。他の主流の塗料と比較すると、劣化変色がめだちやすい塗料になります。
ウレタン塗料の詳細はこちら
シリコン塗料 8〜15年 65万円〜 【人気】 外壁塗装で最もポピュラーな人気塗料です。シリコン系塗料は約30種類以上、各メーカーから出ているので上手に選択すると価格より価値のある塗料を選べることができます。見た目はほぼ艶消~艶有までできます。
シリコン塗料の詳細はこちら
フッ素塗料 15〜20年 85万円〜 【耐久性】 フッ素系塗料は、見た目に艶があります。塗り替のタイミングに注意が必要。附帯部分の塗装も超耐久塗料の使用が必要です。
フッ素塗料の詳細はこちら
断熱塗料
ガイナ
15〜20年 95万円〜 【付加価値】 ガイナは、「断熱性能」「防音性能」「耐久性能」「消臭性能」に優れています。高付加価値のついた塗料です。
ガイナの詳細はこちら
無機塗料 15年以上 95万円〜 【耐久性】+ 無機塗料は、超耐久塗料とも言われ、フッ素をしのぐ超耐久性を持っています。見た目に艶があります(クリア仕上げ有)。モザイク柄のサイディングがあざやかに仕上がります。
無機塗料の詳細はこちら

(※)2階建・30坪の場合。工事費含む。

各塗料の概要説明

ウレタン塗料の概要


ファインウレタン

ウレタンは、塗料の主成分である合成樹脂がウレタン系で構成されていている塗料です。

最近の外壁塗装では主流ではなく、メインの外壁塗装の塗料ではなく付帯部、サービス部分の塗装に使用されています
【安さ】5.0
【耐久性】2.0

ウレタン塗料の耐久性
現在主流の塗料と比べて耐久性は高くありませんが、以前は外壁塗装の主流で使用されていました。今でもウレタン塗料で外壁塗装されている住宅も多く残っています。
ウレタン塗料の性質
艶(つや)がアクリル塗料よりあります。外壁塗装後は光沢あるピカピカな仕上がりが期待できます。
ウレタン塗料の注意点・デメリット
  • 最近では、ウレタン塗料よりも光沢・耐久性においてバランスのとれた塗料もたくさんあり、現在主流の塗料と比較して劣化変色がめだちやすい塗料といえます。
  • 耐用年数が6〜8年ほどと短く、チョウキング(白華)現象がよく見かけられます。また、耐摩耗性に優れているが防汚性は弱いのが特徴です
ウレタン塗料はこのような人におすすめ
10年未満の間隔で外壁塗装を検討されている方には比較的良いと思います。

ウレタン系塗料の特集はこちら

シリコン系塗料の概要

シリコン塗料缶
プレミアムシリコン
シリコン塗料は、塗料の主成分である合成樹脂がシリコン樹脂で構成されていている塗料です。品質に対してのコストパフォーマンスが良く、数ある塗料の中でも中ぐらいの耐久力の外壁用塗料として、大きく失敗することが少ない塗料といえます。
【人気・コストパフォーマンス】5.0
【耐久性】3.5

シリコン系塗料の耐久性
  • 比較的強度があり、耐水性・耐候性・耐汚性があります。一般的な外壁塗装においては最適な塗料です。
  • アクリル系・ウレタン系の外壁塗料と比較して1.5倍程度の耐久力を持っており、コストパフォーマンスにも優れています。
シリコン系塗料の性質
艶ありが一般的ですが、3分艶の塗料を選ぶことにより艶消しのような外壁にすることもできます。
シリコン系塗料の注意点・デメリット
シリコン塗料といっても、各メーカーによって油性・一液型・二液型と多種多様の塗料が出されています。そのため、下地の状態や現状の塗料の劣化状態を考慮し、相性問題に注意を払うことが必要です。
シリコン系塗料はこのような人におすすめ
シリコン系塗料は、耐久性もある程度期待でき、光沢(艶)もある程度期待できるコスト・性能ともにバランスの取れている塗料です。

シリコン系塗料の特集はこちら

フッ素塗料の概要

フッ素塗料缶
ファイン4Fセラミック

フッ素塗料は、塗料の主成分である合成樹脂がフッソ系で構成されていている塗料です。

塗料の寿命が非常に長く、耐久性はシリコン塗料と比較してみても長期になっています。

【耐久性】5.0

フッ素塗料の耐久性
航空宇宙産業機器にも使用されるほどの超耐久力を備えているものの、かなり高価な塗料のため一般の住宅にはまだまだ普及していません。
フッ素塗料の性質
艶ありが一般的ですが、艶なし塗料を選ぶことにより、より高級感のある仕上がりができます。
フッ素塗料の注意点・デメリット
  • メーカーによっては「10年保証の適用は受けられない」場合もあります。
  • 高価な塗料ですが、下地チェックや現塗膜との相性問題の確認が必要で、プロの検討が不可欠といえます。
フッ素塗料はこのような人におすすめ
フッ素塗料は、耐久力が優れている塗料なので、外壁塗装の期間を伸ばしたい方や、外壁劣化の補修・修復を十分処置している外壁におすすめです。

フッ素塗料の特集はこちら

ガイナ塗料について

ガイナ
GAINA(ガイナ)
ガイナ塗料は、元々はロケットの断熱技術の研究から外壁塗料用に応用された塗料で、断熱性能・遮熱性能が他の塗料より優れた塗料です。付加機能が優れているだけあって、費用も高価な塗料になりますが、その分大きな効果があります。

【付加価値】5.0
【耐久性】4.0

ガイナ塗料の耐久性
氷点下の住宅でも室内表面温度を10度前後に保ちます。表面温度70度以上の屋根でも、ほかの遮熱系塗料と比較して10~20度以上低くなっているほどの断熱性能を持つ塗料です。
ガイナ塗料の性質
  • 断熱効果・遮熱効果があります。
  • 艶なしのマットな仕上がりになります。特殊セラミックの関係で濃い色はできにくい性質があります。
ガイナ塗料の注意点・デメリット
優れた塗料ではあるものの、過大な評価もまん延しているので、「信頼できる業者による的確なアドバイス」を受けることをおすすめします。
ガイナ塗料はこのような人におすすめ
通常の遮熱系塗料より効果があるので、比較的高温になりやすい屋根をガイナ塗装でカバーしたい人におすすめです。

ガイナの特集はこちら

無機塗料の概要


スーパームキコート

無機塗料は、油性・水性塗料のいいところを取り入れており、なおかつ超耐久の性能を持つ画期的な外壁用塗料です。

シリコン系塗料と低価格のウレタン系塗料が主流の外壁塗料の中でも、無機塗料は人気が高い塗料です。
【耐久性】5.0
【コストパフォーマンス】4.0

無機塗料の耐久性
  • 耐熱性・耐寒性・不燃性を備えていて、耐久年数15~20年という耐塗膜性能(未着性能・はがれにくさ)も持っている、優れた外壁用塗料です。
  • 状態によりますが、窯業系のサイディングの外壁塗装には最適な外壁塗料といえます。塗装回数も2回で施工できるというメリットもあり、高価な塗料ながらも施工回数を減らすことでコストダウンを可能にした外壁用塗料です。もちろん一般の外壁塗装にも対応可能です。
無機塗料の性質
艶あり仕上げが主流ですが、シリコン系塗料ほどテカリは少ない性質を持っています。
無機塗料の注意点・デメリット
高価な塗料なので塗装工事に熟練の外壁塗装職人、または職人の指導のもとの施工が必要です。また、付帯部・コーキング処理には注意が必要です。
無機塗料はこのような人におすすめ
無機塗料は、施工後20年近く外壁塗装をしたくない方におすすめです。タイル柄・モザイク柄のサイディングのクリア塗装が非常に優れていて、再現性も優れた塗料といえます。

スーパームキの特集はこちら

外壁塗装をする際の注意点

塗料はあくまで材料ですので、実際の外壁塗装においては、塗装する者の熟練度によって機能を最大限発揮できることもあれば、期待する効果がでないこともあることに注意が必要です。

弊社では、十分な洗浄・下地調整のうえ、色分け3回の塗装を行うことにより塗料の性能を最大限に引き出す外壁塗装を行っています

■十分な洗浄・下地調整

■下塗り・中塗り・上塗り

塗装1回の工程を1日で進めれば安く仕上げることができますが、不十分な乾燥状態の重ね塗りは塗料の性能や効果を大きく下げてしまいます。

同じ塗装でも、熟練の塗装職人が塗装を行うことで質の高い塗装工事を行います。

ミズノライフ水野ミズノライフ水野

高性能塗料でも家の劣化状況を考慮せず塗装すれば、その性能を十分に発揮することはできません。外壁塗装は塗料や施工方法にばかり目を向けるだけではなく、経験を積んだを匠職人の見極めと判断が最も重要です。

(参考)40年での塗料別コストパフォーマンス比較

下記は、40年単位で見た塗料別のコストパフォーマンスのシュミレーションです。一回の塗装費用は、無機系が効果になりますが、耐用年数ごとに塗装をしていくと仮定すると、結果は変ってくることに注意が必要です。

塗料のコストシュミレーション
 

塗料名 1回目 5年後 8年後 10年後 15年後 20年後 25年後 30年後 35年後 38年後 40年後 トータル
ウレタン塗料 50 50 50 50 50 50 300万
6回
シリコン塗料 65 65 65 65 65 325万
5回
フッ素塗料 85 85 85 85 340万
4回
断熱塗料ガイナ 95 95 95 95 380万
4回
無機塗料 95 95 95 285万
3回

(単位は万円)

施工事例(新着)

ミズノライフ水野ミズノライフ水野

実際に、どのような塗料を利用してどのように塗装をしたのか、下記に弊社で施工させていただいた事例を一覧でご紹介していますのでぜひご参考ください。


施工事例一覧はこちら

大阪で外壁塗装ならミズノライフへ

外壁塗装の様子

ミズノライフクリエイトでは、工事内容の詳細な資料や過去の施工事例を基に丁寧なご説明を行い、施工を行います。

  • 技術者による外壁塗装の品質管理・詳細報告
  • 外壁塗装の前準備「洗浄」に力を入れています
  • 3回の塗装を行い塗料の性能を最大限に引き出します

外壁塗装の詳細はこちら

一級建築士・診断士が行う外壁診断

雨漏れ劣化のイラスト
外壁劣化・雨漏りが気になり始めた方へ

外壁塗装・外壁リフォームでは、工事の前に建物の劣化・雨漏れの原因を知ることが大切です。

「劣化・雨漏れ(及びその予備軍)」を特定せずに安易に工事をしてしまうと、短期間で雨漏り・不具合の再発につながります。

下記のような方はまず外壁診断をご検討ください。

  • 建物の劣化が気になり始めたので、プロに家の状態を診断して欲しい方
  • 台風や大雨のダメージで、建物の雨漏れ・亀裂に不安がある方
  • 慢性の雨漏れに悩んでいる方

外壁診断サービス詳細はこちら