パーフェクトトップ

今回は、日本ペイント「パーフェクトトップ」の特徴と性能をご紹介いたします。

ラジカル塗料は、従来の合成樹脂の主成分(ウレタン・シリコン・フッ素)とは別軸で考えた塗料で、塗料の劣化因子「ラジカル」を抑える仕組みの成分を組み込んでいる塗料のことです。

パーフェクトトップは、ラジカル抑制の仕組みを持っている、人気のラジカル塗料です。

ここでは、メーカーの製品仕様を参考に、実際にパーフェクトトップで外壁塗装を多数行ってきた弊社がパーフェクトトップの特徴をご紹介します。

 

 

ラジカル抑制塗料「パーフェクトトップ(日本ペイント)」の特徴

パーフェクトトップは、合成樹脂がアクリルでラジカル抑制の仕組みも持っている、人気のラジカル塗料です。

ラジカル塗料は、従来の合成樹脂の主成分(ウレタン・シリコン・フッ素)とは別軸で考えた塗料で、塗料の劣化因子「ラジカル」を抑える仕組みの成分を組み込んでいる塗料のことです。

今現在のラジカル塗料は、ラジカルの耐用年数は12年〜15年くらいの塗料が多く、中級のシリコン塗料以上であり、高級塗料のフッ素塗料以下の位置付けになっています。

ラジカル塗料とシリコン塗料・フッ素塗料の比較

(関連記事)【ラジカル塗料とは】ラジカルの特徴とメリットデメリットを徹底解説

■パーフェクトトップの特徴

  • ラジカル系外壁塗料の耐用年数は10〜15年程度(製品によって幅がある)が、パーフェクトトップ(日本ペイント)はカタログに15年相当と記載のある耐久力の高い塗料です。
  • 比較的強度があり、耐水性・耐候性・耐汚性があります
  • 施工性がよく、業者の間でもトラブル・メンテナンスが少ない最適な塗料と言えます。
  • 一般のシリコン系の外壁塗料と比較して1.5倍程度の耐久力を持っており、コストパフォーマンスにも優れています。
  • 防カビ・防藻に特化した商品があるのも、魅力的な塗料です。

 

■パーフェクトトップの特徴

特徴 解説
高作業性 ポリマーハイブリッド効果により、ローラーが軽く、ネタ伸ばしがスムーズに行えます。(作業性の向上-1)
ローラーネタ含み性及び転写性にも優れており、隠蔽(かぶり)も良く、飛散がしにくい作業性を有しており、水性で非危険物です(シンナー系の希釈剤を使用しません)。
高耐候性 紫外線による塗膜劣化対策として「ラジカル制御」技術により、シリコングレードを超える非常にすぐれた耐久性があります。
高光沢 ポリマーが塗膜間の隙間を埋めるため、緻密でなめらかな塗膜形成が可能となり、すぐれた高光沢を実現できました。
ニーズに合わせたて、艶に関しては、3分つや、つや消しなどつやの調整も可能です。
防藻・防かび性 防藻・防かび機能を有しています。オプションにより強力防かびも可能です。(防カビ性能も選択が、可能です)
低汚染性 親水化技術により、雨だれ汚染から建物を守ります。(よごれが、付着しにくい)

※パーフェクトトップ (日本ペイント)カタログより参考

 

【パーフェクトトップの特徴1】ラジカル制御

パーフェクトトップの特徴はなんといっても「ラジカル制御(塗料の劣化因子抑制)」の仕組みです。

ラジカル制御形酸化チタンの効果により、劣化の原因の一つの、ラジカルの樹脂の切断を表面保護層で包み込むことで、ラジカルによる樹脂切断を防ぎます。

新技術ラジカル制御技術

※日本ペイントのニュース(2012/10/05)引用

住宅外壁向け上塗り塗料として、現場で作業がしやすく、従来品より紫外線に対する耐候性を向上しています。

戸建て住宅やアパート等の中小規模塗替え工事を目的としており、一般住宅や小規模のマンションには、特に人気のある塗料です。

戸建て住宅 マンション 教育施設/病院
オフィス/商業施設/ホテル 工場/倉庫 鋼構造物
×

最適 〇適 △可 ×不可

※パーフェクトトップ (日本ペイント)カタログより参考

戸建て住宅・マンション等に設計された塗料なので、鋼構造物除く建築物には適応可能な塗料です。

【パーフェクトトップの特徴2】メンテナンスコストが低い

住宅外壁向け上塗り塗料として、現場で作業がしやすく、当社従来品より紫外線に対する耐候性を向上させた新製品の塗料です。

通常10年を耐候性を標準としている、一般のシリコンより耐久力を維持している、約15年を目標として開発されました。対象物件は戸建て住宅やアパート等の中小規模塗替え工事を目的としています、

※パーフェクトトップ (日本ペイント)カタログより

パーフェクトトップ製品詳細情報

下記は、パーフェクトトップ (日本ペイント)カタログより参考にした情報です。

樹脂 ラジカル制御形
水性/溶剤 水性系
1液/2液 1液
荷姿 15kg、4kg
素材 モルタル、コンクリート、ALC、サイディングボード、押出成形セメント板、スレート、鉄、アルミ、PC板
機能 防藻、防かび、高耐候性、ホルムアルデヒド放散等級☆☆☆☆
規格 JIS A6909建築用仕上塗材 可とう形改修塗材E/RE、複層塗材E/RE、防水形複層塗材E/RE 上塗材 耐候形1種相当
適用下地 モルタル面、窯業系サイディングボード、コンクリート、ALCパネル、鉄部、FRP、木部、金属サイディングボード、亜鉛メッキ、アルミ等の塗り替え。
適用下塗り塗料・下塗材 ハイポンファインプライマーⅡ、パーフェクトサーフ、パーフェクトプライマー、パーフェクトフィラー、1液ハイポンファインデクロ、速乾PZヘルゴンエコ

ハイポン20デクロ、ニッペファインパーフェクトシーラー透明・ホワイト、水性パーフェクトシーラー

色相 淡彩~濃彩色
つや つや有り、7分つや有り、5分つや有り、3分つや有り、つや消し
施工方法 適:刷毛・エアレススプレー・ウールローラー
希釈剤 水道水
工程 上塗り

※パーフェクトトップ (日本ペイント)カタログより参考

 

使用量、1缶当たりの塗面積(㎡)

使用量(kg/㎡/回) 1缶当たりの塗り面積(㎡/回/缶)
0.11~0.17 88~136(15㎏/缶の場合)

※1缶当たりの塗り面積は目安です。施工方法、施工条件により増減します。

 

希釈率

塗装方法 希釈率 使用量(kg/㎡/回)
はけ、ウールローラー、エアレススプレー 3~5 0.11~0.17

 

希釈率を上げると、期待通りの性能を確保できないので、「3~5」の範囲内での施工を行うようにします。

 

乾燥時間

5~10℃ 23℃ 30℃
指触乾燥 40分 15分 10分
塗り重ね乾燥 8時間以上 3時間以上 2時間以上

※乾燥時間は目安です。使用量、通風、湿度および素地の状態によって異なります。

 

ミズノライフ水野ミズノライフ水野

通常カタログに記載されている数値は、23℃が記載されています。しかし実際は天候や気温に大きく影響されますので、現場の状況に十分に注意して施工作業を行います。

パーフェクトトップ (日本ペイント)を利用する際に弊社が意識していること

下記は弊社がプレミアムシリコン を使用する際に意識していることです。施工後の剥離トラブルなどを避けるため、下地との相性確認や下地調整を入念に行っています。

ポイントー①下地の相性を調べる(剥離テスト)

ポイントー②付着力の向上に、オリバークリーナー(外壁専用洗剤)も検討する

ポイントー③希釈量は規定未満に行うこと

 

パーフェクトトップを利用した外壁塗装事例

パーフェクトトップを利用した外壁塗装事例です。築15年で初めての外壁塗装になります。

■お客様が「パーフェクトトップ (日本ペイント株式会社)」を選んだ理由・感想

お客様はご自宅の北面外壁面に、苔やカビの発生していたことを気にされていました。いくつかの塗料をご提案したところ、ご予算も限られていたこともあり、苔やカビにも十分に対応されておりかつ無機やフッ素より安価に施工できるパーフェクトトップ(防カビ仕様タイプ)を選ばれました。

 

■本施工事で注意した点(パーフェクトトップ)

苔やカビが発生していることもありそのまま施工すると剥離になる懸念があったため、高圧洗浄だけではなく「オリバー社のオリバークリーナー」を使用して、苔やカビをきれいに除去するように、担当者に指示しました。

 

まとめ

まとめです。今回は、パーフェクトトップ の特徴・性能をご紹介しました。

パーフェクトトップは、大手メーカーの日本ペイントが販売している塗料で、今回ご紹介したように品質基準・性能試験結果が明確で実績もあるので、業者側からみても、安心して外壁塗装ができる塗料です。

なお、弊社も大阪を中心に皆様のお家の外壁診断調査や、外壁塗装工事をさせていただいております。

パーフェクトトップ で外壁塗装をお考えなら、ミズノライフクリエイトもご検討いただけますと幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。