スーパームキコート

今回は、ジャパンカーボライン社「スーパームキコート」の特徴と性能をご紹介いたします。

スーパームキコートは無機塗料の長所に有機塗料の長所である弾力性を掛け合わせた、無機+有機の「次世代水性ハイブリットシリコン塗料」です。

ここでは、メーカーの製品仕様を参考に、実際にスーパームキコートで外壁塗装を多数行ってきた弊社がスーパームキコートの特徴をご紹介します。

 

スーパームキコートの特徴

スーパームキコート 塗料缶

弊社がよく使う無機塗料の一つに、ジャパンカーボライン社のスーパームキコート があります。

無機塗料の長所に有機塗料の長所である弾力性を掛け合わせた、無機+有機の「次世代水性ハイブリットシリコン塗料」です。

市販されている塗料の中ではトップクラスの15~20年の耐久性を持っています。

また、ひび割れ、劣化にも強く、審査が厳しいとされる弾性伸び試験(JISA6909 )にも基準をクリアしている認定塗料です。

ほかの塗料と比較しても、風や雨による変形・変色・劣化などの変質に耐える強さが驚くほど高く、時間が経過しても塗装時の光沢がほとんど落ちません。

スーパームキコートのシリコン含有率

スーパームキコートのシリコン含有率

20年経っても約80%の光沢を保持

スーパームキコートの耐久性テスト

 

スーパームキコートが含有している、石やガラスのように炭素を含まない「無機物」は、科学的に安定しており、紫外線や熱に対して劣化しにくい特徴を持っています。従来のシリコンやフッ素塗料と比較してもトップクラスの耐久性を持っています。

(※)実際には無機塗料も100%無機で構成されているわけではなく有機物も含まれているため、永久に劣化しないというわけではなく耐用年数があります。

各塗料の比較>無機塗料

(関連記事)【耐久性No1】無機塗料の特徴とメリット・デメリットをご紹介

 

■スーパームキコートはこんな人におすすめ

  • 塗装工事の回数を減らしたい。とにかく長持ちする塗料を重要視する方
  • 20年以上の長期的視点で見て節約をしたい方
  • 現在の外壁がサイディングの方

 

超耐久塗料は正しい塗装工事が求められます

無機系塗料は塗料として非常に高機能ですが、高価な塗料であるため、一回にかかる塗料コスト(イニシャルコスト)が他の塗料と比較するとかなり高くなります。

また、外壁面だけでなく付帯部(樋・水切り等・コーキングに至る部位)も超耐久で仕上げないと、無機塗装以外の部分で部分的な劣化が始まるため、結局メンテナンスが必要になります。

塗料はあくまで材料ですので、無機塗料を使えば必ず高耐久をつけられるというわけではなく、正しい塗装工事の手順を行って初めて性能を発揮することを覚えておきましょう。

超耐久塗料は、塗装工事に熟練の外壁塗装職人、または職人の指導のもとの施工が求められます。

(関連記事)【外壁塗装が剥離原因は施工不良?】塗装が剥がれる理由を徹底解説

【スーパームキコートの特徴1】耐用年数約20年の超耐久塗料

一般的に、シリコンの含有率が5%弱でもシリコン塗料と言われるが、「スーパームキコート」の場合は、シリコン含有率が約60%と非常に多いため、対候性に優れています。

さらに、ほかの塗料と比較して、風雨による変形・変色・劣化など、変質に耐える強さが驚くほど高く、時間が経過しても塗装時の光沢がほとんど落ちないのだ。(スーパームキコートは、20年経っても約80%の光沢を保持。)

※ スーパームキコート (ジャパンカーボライン社)のカタログより

 

塗膜耐候年数比較(光沢率70%以上)

スーパームキコートは、シリコン塗料でありながらフッ素系塗料にも劣らない、耐候性能を達成しています。

塗料の種類 耐候性 光沢率
スーパームキコート 800時間超 ( 約20年 ) 約80%
スーパーフッソコート 800時間超 ( 約20年 ) 約80%
アクリルシリコン 400時間超 ( 約10年 ) 約70%
スーパーウレタンコート 300時間超 ( 約8年 ) 約70%
アクリルエナメル 160時間超 ( 約5年 ) 約70%

 

最高の耐候性を有する劣化試験結果

シリコン系塗料の比較でも明らかな試験結果です、シリコン塗料の光沢の保持力は群を抜いています。フッ素系をしのぐ高耐久塗料といわれる、試験結果です。

※ スーパームキコート (ジャパンカーボライン社)のカタログより

 

 

【スーパームキコートの特徴2】ケイ素(Si)を多く含有しているため科学的に安定

「スーパームキコート」の「ムキ」とは「無機」、いわゆる炭素化合物(有機)以外の化合物を示す総称です

下記のように、スーパームキコートは一般的な尻子樹脂塗料と比較すると、ケイ素(Si)を多く含有しており化学的に安定しています。

※ スーパームキコート (ジャパンカーボライン社)のカタログより

 

■通常アクリルシリコン系塗料のシリコン含有量とスーパームキコート(クリア)のシリコン含有量の比較

アクリルシリコンのクリア塗膜を見ると塗膜断面にシリコンほとんど検出されませんが、スーパームキコートを見るとまんべんなくSI(シリコン)が検出されていることがわかります。

※ スーパームキコート (ジャパンカーボライン社)のカタログより

 

【スーパームキコートの特徴3】無機+有機のハイブリット塗料

色褪せやカビ・コケの繁殖などに代表される塗料の劣化の多くは、有機物が原因で起こります。

しかし、石やガラスのように炭素を含まない「無機物」は、科学的に安定しており、たとえば陶器茶碗に日を当てても劣化しないのと同じく、紫外線や熱に対しては劣化し難い特徴を持っています。

こうした優れた特徴を有した塗料が「スーパームキコート」で、無機塗料の長所に有機塗料の長所である弾力性をプラスした、いわゆる無機+有機の「次世代水性ハイブリットシリコン塗料」です。

スーパムキコートの経年劣化比較スーパームキコートの腹膜塗装の伸び率

 

無機の特徴である優れた耐候性と、有機の特徴である耐クラック、耐屈曲性の双方を兼ね備えた、次世代の水性塗料です。

  • フッ素樹脂塗料をしのぐ耐候性、20~30年経過の光沢保持率80%以上です。
  • 大切な建物を汚れから守ります。
  • 弱溶剤+水性タイプでにおいが柔らかく、環境に優しい塗料です。
  • フッ素に比べて、耐クラック追随性が3倍となります。
  • 無機なので燃えにくく、難燃性に優れています。

 

 

スーパームキコートの施工要領

以下はジャパンカーボライン社スーパームキコートの施工要領です(カタログを参考にしています)。

 

●外壁(サイディング[窯業系・金属系]/吹付タイル仕上げ面[素地がALCの場合])(カタログより)

工程 塗料名 塗回数 希釈 塗布量(kg/㎡) インターバル 20℃ 塗装方法
素地調整

1.旧塗膜に脆弱性がある場合は、サンダー及びスクレッパー等を用いて除去してください。

2.高圧水洗により旧塗膜に付着しているチリ、ほこり、汚れ等を除去してください。

下塗 スーパームキコートプライマー 1回 スーパーコートシンナー 0~10% 0.12 16h~5日 刷毛・ローラー
上塗 スーパームキコートトップ 1回 清水 0~10% 0.14 刷毛・ローラー

※ 窯業系サイディングの場合スーパームキコートは(2回塗り)が標準の塗装です。

※金属系サイディングでサビが認められる箇所は、スーパームキコートさび止めであらかじめ処理をする必要があります。
※吹付けタイル仕上げの旧塗膜に著しいはくり・クラックが認められる場合は、スーパーコート下地調整剤による補修処理が必要があります。また、RC造モルタル素地の吹付タイル仕上げ面の場合も同様に、スーパーコート下地調整剤で事前に処理する必要があります。

 

●外壁(ALC、RC造、モルタル/スタッコ・リシン吹付仕上げ面)(カタログより)

工程 塗料名 塗回数 希釈 塗布量(kg/㎡) インターバル 20℃ 塗装方法
素地調整

1.旧塗膜に脆弱性がある場合は、サンダー及びスクレッパー等を用いて除去してください。

2.高圧水洗により旧塗膜に付着しているチリ、ほこり、汚れ等を除去してください。

下塗 スーパーコート下地調整剤 1回 清水 0~3% 0.3~0.8 16h~7日以内 刷毛・ローラー
中塗 スーパームキコートプライマー 1回 スーパームキコートシンナー 0~10% 0.12 16h~5日以内 刷毛・ローラー
上塗 スーパームキコートトップ 1回 清水 0~10% 0.14 刷毛・ローラー

※下地調整剤(微弾性フィラー)の塗布量については下記を目安とする
1.既存の素地パターンを残す場合:0.3kg/㎡
2.素地を平滑にする場合:0.8kg/㎡
※視野時の凸凹により使用料が増える可能性があります。

 

●鉄部および亜鉛メッキ部(カタログより)

工程 塗料名 塗回数 希釈 塗布量(kg/㎡) インターバル 20℃ 塗装方法
素地調整

1.旧塗膜に脆弱性がある場合は、サンダー及びスクレッパー等を用いて除去してください。

2.高圧水洗により旧塗膜に付着しているチリ、ほこり、汚れ等を除去してください。

下塗 スーパーコートさび止め 1回 シンナー 0~10% 0.18 1~7日以内 刷毛・ローラー
中塗 スーパームキコートプライマー 1回 シンナー 0~10% 0.12 16h~5日以内 刷毛・ローラー
上塗 スーパームキコートトップ 1回 清水 0~10% 0.14 刷毛・ローラー

 

 

スーパームキコートを利用する際に弊社が注意している点

長期的スパンで見ると、塗り替え回数が少ないためコストパフォーマンスに優れている一方で、一回にかかる塗料コスト(イニシャルコスト)が高意図いうデメリットがあります。

コスト面だけでなく、スーパームキコートは耐用年数が極めて長いことから、付帯部(樋・水切り等(金属部)・コーキングに至る部位)にも、超耐久塗料で仕上げておく必要があることに注意が必要です。

サイディングやALC面やモルタル仕上げ面以外でも、耐久力のある塗料仕上げを行う必要があります。

建物の劣化部の補修を十分に行わずに表面の塗り替えだけを行なうと、本来のスーパームキコートの性能を発揮できない場合があります。築15年以上の建物はそれなりに外壁の劣化が合われているのです、適切なメンテナンスの処理を行ってから超耐久塗料をお勧めします。

 

スーパームキコートを利用した外壁塗装事例

スーパームキコートを利用した外壁塗装事例です。約築15年で初めての外壁塗装になります。

■お客様が外壁塗装(スーパームキコート)を考えた理由

お客様は、外壁塗装の劣化が気になってきたのがきっかけで、ホームページで外壁塗料を検索していて、度の塗料が自宅に合うか?と思って、検索をされた結果、「フッ素」・「ラジカル系の塗料」・「ムキ系」を調べておられました。最も気になっていた劣化部分は、北面のカビの発生が気になっていました。「防カビの対策+超耐久」から、防カビに優れていて、超耐久性能も高い評価のスーパームキコートに今回の外壁塗料は決められました。

■外壁塗装(スーパームキコート)を使用することで注意した点。

スーパームキコートは超耐久塗料ということもあり、付帯部分(金物の部分や、その他の部分)の塗料も耐久性能の高い塗料を使用するように、塗料注意しました。また金属部分のサビ止めや、サビ落としも十分に注意しました。

 

※ 窯業系サイディングの場合スーパームキコートは(2回塗り)が標準の塗装ですが、塗装の仕上りの状態は非常に鮮やかです。

 

 

まとめ 無機塗料の特徴について

まとめです。今回は、無機塗料で人気製品のスーパームキコートの特徴・性能をご紹介しました。

スーパームキコートの特徴は「とにかく長持ち」という点です。

市販されている塗料の中でも、ひび割れや劣化にも強くトップクラスの15以上年の耐久性を持っています。ひび割れ、劣化に強く、伸縮性にも優れています。

反面、一回にかかる塗装工事費用が他の塗料と比較するとかなり高くなり、超耐久ゆえに気をつけないといけないこともあるので、実績のある業者選びが重要だと思います。

なお、弊社も大阪を中心に皆様のお家の外壁診断調査や、外壁塗装工事をさせていただいております。

スーパームキコートで外壁塗装をお考えなら、ミズノライフクリエイトもご検討いただけますと幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。