サーモアイシリコン

今回は、日本ペイント社「サーモアイSi(シリコン)」の特徴と性能をご紹介いたします。

「サーモアイSI」は、遮熱塗料として人気上位の屋根用塗料です。太陽光からのの直射日光を反射することにより、室内に侵入する太陽光エネルギーを屋外に反射させて、省エネを実現しました。

ここでは、メーカーの製品仕様を参考に、実際にサーモアイSiで屋根塗装を多数行ってきた弊社がサーモアイSiの特徴をご紹介します。

サーモアイSi(シリコン)製品特徴について

サーモアイSiは、弱溶剤タイプの2液形シリコン樹脂塗料です。水性1液形の塗料と比較して耐久力に優れています。

サーモアイSiの主な特徴は下記の通りです。

  • 弱溶剤タイプの2液形シリコン樹脂塗料です。(弱溶剤が付属されて搬入されます)
  • シリコン樹脂を使用しているため耐久性が高く、耐候性や光沢保持性に優れています。
  • 遮光機能(太陽による熱線反射)により屋根への蓄熱を抑制します。

 

優れた日射反射を達成

太陽光エネルギーは、約50%が赤外線、約47%が可視光線、残りの約3%が紫外線からなっています。

遮熱塗料が果たす役割は、このうち赤外線を効率よく反射させること。下のグラフは、ほぼ同じ色の従来塗料と遮熱塗料の反射率を領域ごとに比較したものです。

※ サーモアイ (日本ペイント)カタログ参考

 

赤外線の波長域のグラフの乖離(かいり)している部分が、室内の温度差になります。

このようにグラフから解るようにサーモアイの熱線の反射の効果が室内の温度差に大きく影響を与えます。

 

環境負荷(ピーク時の電力消費)の低減に貢献

サーモアイSiは、夏の太陽光の熱エネルギーを反射することにより節電(ピーク時の電力消費の低減)に貢献しています。

※ サーモアイ (日本ペイント)カタログ参考

図の省エネのイメージのように、太陽光の赤外線を反射させることが可能になります。

夏の暑い日でも屋根面の温度上昇を抑え、快適な環境づくりに貢献します。エアコンの温度設定を少しでも抑えることで、省エネや電気料金の節約につながります。

太陽光の反射することによりによる温度上昇を抑制することで、環境負荷の低減に貢献します。

 

上塗りと下塗りの「ダブル反射」で高い遮熱効果を実現

下記は一般の屋根用の遮熱塗料の場合の太陽光の反射熱の説明です。

上塗り(中塗り)だけに遮熱塗料を使っても通常下記のように、下塗り材を通して太陽熱を吸収してしまい遮熱効果が小さくなります。

 

下記は、サーモアイSIの屋根用の遮熱塗料の場合の太陽光のダブル反射熱の説明です。

サーモアイダブル反射による遮熱効果が大きいのは、下塗り塗料にも遮熱の効果(反射)を持たせていることが大きいです。

JIS K 5675が特定調達品目に選定された塗料

平成25年2月5日「国等による環境物品等の調達の推進に関する基本方針」の改定に伴い、特定調達品目とその判断基準が見直され、JIS K 5675が特定調達品目に選定されました。

「サーモアイ4F]および「サーモアイSi」、「サーモアイUV」※はJIS K5675屋根用高日射反射率塗料の規格認証品でグリーン調達の判断基準を満たします。

※「サーモアイUV(クールベイビーブルー)」はJIS K 5675規格品ではありませんが、グリーン調達の基準は満たしています(サーモアイ1液Si、サーモアイヤネガードは除く)。

※ サーモアイ (日本ペイント)カタログ参考

※ サーモアイ (日本ペイント)カタログ参考

 

サーモアイSIの屋根の塗装の事例の説明をさせていただきます。

測定場所 測定場所の温度差
屋根の表面 最大約23℃の削減
室内 最大約2.5℃の削減

 

塗装表面の遮熱性能の検証

サーモアイは優れた遮熱性(太陽光の反射)を発揮します。その効果により屋根から室内への熱の侵入を抑えます。

一般屋根用塗料(ブラック)とサーモアイ(クールブラック)を塗装したブリキ板に赤外線ランプを照射し、表面温度を赤外線サーモグラフィー測定した結果です。

※ サーモアイ (日本ペイント)カタログ参考より

当社一般屋根用塗料:最高温度は約74.5℃であるのに対して、

サーモアイSIは、最高温度は約53.3℃と遮熱性能が優れていることがわかります。

 

また別のグラフによる温度の分布の説明をします。

※ サーモアイ (日本ペイント)カタログ参考

塗装表面の温度の分布図より、ピーク時は約19℃の温度の差から見て屋根の塗料は、遮熱塗料を選ばれる方がいいと考えられます。

 

サーモアイSi(シリコン)製品詳細情報

サーモアイSI(日本ペイント)の荷姿

樹脂 シリコン
水性/溶剤 弱溶剤系
1液/2液 2液
荷姿 15kgセット(塗料液)13.5㎏、(硬化剤)1.5kg(荷姿参考)
素材 スレート、鉄、トタン屋根、ガルバニウム鋼板
JIS JIS K5675
機能 遮熱、省エネ
規格 JIS K 5675屋根用高日射反射率塗料 2種 2級
適用下地 スレート・波形スレート屋根、金属屋根・トタン、住宅用化粧スレート屋根
適用下塗り塗料・下塗材 サーモアイプライマー、サーモアイシーラー
つや つや有り
施工方法 適:刷毛・ウールローラー・エアレススプレー
希釈剤 塗料用シンナーA
工程 上塗り
ポットライフ 23℃:6時間

※ サーモアイ (日本ペイント)カタログ参考

上記の表示より、高い性能を持っているシリコン系の屋根用の塗料と比較しても、使用には特別の使用変更はない操作性がいい塗料といえます。

サーモアイSiの用途

戸建て住宅 マンション 教育施設/病院
オフィス/商業施設/ホテル 工場/倉庫 鋼構造物
×

最適 〇適 △可 ×不可

※ サーモアイ (日本ペイント)カタログ参考

一般的に、鋼構造物以外は、ほとんどの構造物に対応が可能です。このことから汎用性が高く、人気の理由がご理解できると思います。

大規模の建築物でも施工が比較的容易にできることから、人気の高いの特徴です。遮熱塗料の性格上、屋根用に向いているといえます。

サーモアイSiの希釈率

塗装方法 希釈率 使用量(kg/㎡/回)
はけ、ウールローラー 0~5 0.12~0.18
エアレススプレー 0~10 0.12~0.18

刷毛(はけ)、ウールローラーは、無駄なく塗装が可能です。またエアスレスプレーは飛散しやすいので、サーモアイSIの性能をはっきする使用量に十分注意が必要です。

上記は、ウールローラー塗の様子です。

屋根や都市部の塗装工事の場合は周囲の環境を考慮して、飛散防止の対策が必要です。

ウールローラー塗りは周囲の飛散によるトラブルが少なく、希釈の量を適量に行えば、カタログに記載されている、高性能を発揮することが可能です。

サーモアイSiの乾燥時間

5~10℃ 23℃ 30℃
指触乾燥 60分 30分 20分
塗り重ね乾燥 4時間以上7日以内 3時間以上7日以内 2時間以上5日以内

※乾燥時間は目安です。使用量、通風、湿度および素地の状態によって異なります。

※ サーモアイ (日本ペイント)カタログ参考

 

 

サーモアイSiの価格

仕上の種類 材工価格
平滑(スレート屋根) 3,930円/平方メートル(3工程・下塗りがサーモアイシーラーの場合)
平滑(鋼板屋根) 3,940円/平方メートル(3工程・下塗りがサーモアイプライマーの場合)

※詳細(施工上・安全衛生上・取扱い上の注意事項)につきましては、カタログ・塗装仕様などでご確認ください。
※使用量、塗り坪は標準的数値です。被塗物の形状・素地の状態・気象条件などで幅を生じ増減します。
※材工価格は原則として300㎡以上を基準といたします。

※ サーモアイ (日本ペイント)カタログ参考

 

 

サーモアイシリコンSIの施工事例

■お客様が屋根塗装(サーモアイSI(シリコン))を考えた理由

ご予算の関係で屋根塗装は次回に回す予定でしたが、当初の予定であった外壁塗装の塗料をフッ素系から、シリコン系の塗料に変更することで、外壁塗装と屋根塗装が出来て喜んでいただきました。

屋根は外装の中でも、コストパフォーマンスが高い塗料をと思っていたので、サーモアイSI(シリコン)にすることでお客様のご希望どうりの屋根用遮熱塗料としてご提案できました。

 

■サーモアイSI(シリコン)施工事例で注意した点

施工前写真をご覧いただくと、屋根の劣化がかなり進んでいます。

屋根の洗浄は高圧洗浄だけではなく、バイオ洗浄と高圧洗浄を組み合わせてから、屋根塗装の下塗り、中塗り、仕上げ塗りの作業を行う必要があります。

 

屋根用遮熱塗料サーモアイSiのまとめ

まとめです。今回は、屋根用塗料で人気製品のサーモアイSiの特徴・性能をご紹介しました。

サーモアイSiは「遮熱性能に優れ、かつコストパフォーマンスにも優れている人気塗料」です。

遮熱塗料を選ばれることは「省エネ」の考え方からも時流に合っていると思います。サーモアイの特徴の「ダブル反射(遮熱)」は省エネ時代に合っている屋根用の塗料と思われます。

価格と耐久性能と遮熱性能のバランスがよく、サーモアイSI(シリコン)は日本ペイントを代表する塗料の一つです。

なお、弊社も大阪を中心に皆様のお家の外壁診断調査や、屋根塗装・外壁塗装工事をさせていただいております。

サーモアイSiで外壁塗装をお考えなら、ミズノライフクリエイトもご検討いただけますと幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。