打合せ写真

最近のHPの情報量はすさまじいものがあります。

その分、外壁塗装や屋上・ベランダ防水を考えられている方には、ありがたいことだと思います。

しかし、一般の方には、どの塗料・材料・施工法など情報量に比例して、より複雑になってきています。

日常買物する商品であれば、価格・内容はイメージできますが、10~15年ごとになる、外装の工事となると、なおさら悩みます。

ここで、外壁塗装の交通整理をしてみます。

①まずご要望の確認

打合せ写真

ショールーム等を確認して、落ち着いた場所で、悩んでいる内容を打合せます。

(注)事務所・ショールームには、資格が掲示されていますので、必ず確認しておきます。

工事の内容のご確認です

報告書外壁塗装打ち合

「工事打合せ書」(当社はそういいます)が工事の内容のわかるもの

○下地塗り工事~中途塗料材料~上塗塗装材料
○金物塗装
○窓の状態
○塗装のできる場所・しない場所(写真・文章で記載)
○塗装・防水以外に使用する材料・チェック項目(写真・文章で記載)
○※外壁塗装の塗り替も大切ですが、オーナー様の自宅の現在の状態(劣化)
の報告内容により今回の工事の優先順位からの注意事項の記載があるかのチェックが必要です。

口頭の打合せからの文章化(大切なご要望を文章化)

外壁塗装工事内容報告書

せっかくの打合せも、工事中や事前に変更することが出てくることがあります。

たとえば、工事の内容が、劣化がひどい場合の工事の内容をどのようにするか?などは、大切な項目です。

打合せ内容を工事に反映させる

お客様→担当者→現場作業===伝言ゲームをなくす

④工事の工程表のチェック

工事工程表

工事内容と同じくらい大切なのは工期です。

工事前~工事後までの一連の流れを表にまとめます。