現在外壁塗装の見積もりをされている方へ

相見積もりは、各業者の価格がわかり、最も安価な業者へ依頼することができます。

最近では、外壁塗装の相見積もりサイトも増え、利用者にとって安く施工してくれる業者を探しやすくなりました。一見便利な相見積もりですが注意点もあります。

相見積もりの注意点は、価格中心の安い見積もりに目が行きがちになり、品質の高い施工をしてくれるかどうかはわからないという点です。

最近では、他社の工事でどこかしらご不満をお持ちになり、弊社にお声がかかるケースが増えています。工事完了後に後悔しないためにも、少なくとも下記の点は事前に確認しておきましょう。

■見積もりの際に確認しておきたいこと

  • 見積価格だけでなく工事内容の詳細を把握しているか
  • 工事の打ち合わせの書類があるか
  • 工事スタートから完了まで担当者が同じか

 

小冊子無料プレゼント

外壁塗装工事をする前に読む本 小冊子
外壁塗装工事をする前に読む本
失敗しない業者選びのコツを教えます〜

  • 外壁業者の選択方法に着目した、悪徳業者の見極め方
  • 塗装の工事の手抜きはなぜ起こるのか
  • 塗装・塗装業者の判断の基準はどこで見分けるのか
  • 有料な塗装業者と上手な付き合い方
ミズノライフ水野ミズノライフ水野

私が丁寧に分かりやすく書かせて頂きました。 是非一読ください!

小冊子PDFのダウンロードはこちら

見積りの際に確認しておきたい3つのポイント

1 見積価格だけでなく工事内容の詳細を把握しているか

まず、工事内容の詳細は必ず確認しておきましょう。

外壁の工事価格はもちろん大切です。しかし、工事内容も大事なチェック項目です。施工に対する勘違い、理解不足によるトラブルのご相談をお伺いすることがよくあります。

施工の概要をはじめ、下塗・中塗・上塗・補修方法などお客様自身でしっかりご確認したうえで、依頼すれば被害を最小限に防がれると思います。

特に最近では「大型値引き・契約誘導の営業トーク」もよく見受けられます。営業トークに惑わされずに内容そのもののご確認をご納得のいくまで行ってください。
 

2 工事の打ち合わせ書類があるか

打ち合わせカード

工事の内容がわかる打ち合わせ書類があるかも重要なチェック項目です。見積を説明する営業マンが実際の工事をするわけではなく、「当初の説明内容と工事内容が違っていた」というケースもあります。

口約束はアテにできませんし、メモや落書きではダメです。

必ず打ち合わせの書面に日付とサインを交わしましょう。

 

3 工事スタートから完了まで担当者が同じか

工事スタートから完了まで担当者が同じかどうかも確認しておきましょう。

残念ながら業者丸投げの会社も存在し、工事の着手の段階から、人任せ・職人まかせになることもあります。

書類もなく、指示も曖昧な場合、業者間でのミスコミュニケーションも発生しやすくなります。

結果、「最初に言っていたことと、やっていることが違うじゃないか」という事態も起こり得ます。

工事スタートから完了まで担当者が同じか、同じでない場合は誰が担当するのか、必ずご確認をしましょう。

ミズノライフ水野ミズノライフ水野

これらは見積・工事・これら全てに経費がかかっていると思っていいくらいの事柄なのでしっかりご確認して下さい。

3社タイプ別工事内容と価格の特徴

以下は、大手ハウスメーカー、リフォーム専門店、塗装会社の3社タイプ別工事内容と価格の特徴ですそれぞれの特徴を把握した上で工事を依頼するのがおすすめです。

タイプ 価格 品質管理 工事する主体
大手ハウスメーカー 高い 高い(大手ハウスメーカーが自社基準でチェック) 基本的に下請け会社に丸投げ
リフォーム専門店 普通 普通(リフォーム専門店が自社基準でチェック。外装工事には基準のばらつきあり) 下請け会社に丸投げの場合もあれば自社施工の場合もある
塗装会社 安い バラツキがある(自社完結のため、職人任せのリスクがある) 自社

 

大手住宅メーカー(ハウスメーカー)の特徴と注意点

一般的なハウスメーカーの塗装工事

大手住宅メーカー(ハウスメーカー)の場合、中間マージンが発生して費用が高い目になることが特徴です。

保証がしっかりしている一方、下請業者に任せているため
「見積金額 = 下請け業者見積 × 50~30%上乗せ」
になります。単独で請け負う会社よりも見積もりは高くなる傾向にあります。

また、ハウスメーカー担当者と下請け会社(塗装業者)間のコミュニケーションがしっかりしていないと、お客様が当初想定していたスケジュール・内容と認識が違っていたというリスクがあります。
 

塗装会社の特徴と注意点

一般的な塗装会社の場合

これまで外壁塗装を8~10年毎にされている場合は、塗装会社は安価で良いかも知れません。ただし、10年以上建物のメンテナンスをしていない状態での外壁塗装であれば、塗装業者単独でカバーできない補修もでてくることがありますので注意が必要です。

外壁の建材は、永久消費材ではなく耐久消費材であり、10年をめどに劣化がかなり進んでいきます。そういった補修は外壁の工事は塗装だけでは完結しません。

外壁の工種(仕事)は概ね8業者です。

  1. 足場業者
  2. 板金業者 (サイディング・水切り板金工事)
  3. 大工 (下地・造作工事)
  4. 左官業者 (下地・仕上げ工事)
  5. サッシ業者 (窓周り工事)
  6. コーキング業者 (窓周り・目地工事)
  7. 防水業者 (ベランダ・屋上防水工事)
  8. 塗装業者

塗装は(8)の工種になりますが、塗装以外の補修が必要な際に補修工事を専門業者に依頼をしているか確認しておいた方が良いでしょう。

以下は、最近特に多い外壁塗装の見積依頼で伺わせていただいたお宅の現状です。


外壁劣化しているお家の例

4つの現場の写真はいずれも雨漏ですが、ほとんどの塗装だけでは補修できない劣化です。

お客様は、「外壁塗装の見積もりだけで 外壁の雨もれ、劣化の話は何もしてもらえなかった。」と言われていました。

せっかくの高価な工事が、塗り替えのみの応急処置的な工事になっていないかにも目を向けていただけたらと切に考えています。
 

リフォーム専門店の特徴と注意点

内装・外装と幅広くリフォームの業務を行っているので、外壁塗装もリフォームしているのですが、内部・外部と多岐にわたって知識が必要とされる分、外壁塗装・外壁リフォームに詳しい営業担当が少ないと実感しています。

大手ハウスメーカーほどではありませんが、業者丸投げしているところも多いのが実態です。

お客様との大切な「決め事」や「劣化による補修方法」について、専門的な知識や経験があるのか質問などして確認しておきましょう。

ミズノライフクリエイトの工事について

最後に弊社のご紹介です。

ミズノライフクリエイトでは、一級建築士、非破壊検査技師、一級施工管理技士等々の国家試験に合格した専門のスタッフが、建物の状況を一軒一軒診断した上で「外壁塗装」を行います。

同価格帯の最も質の高い外壁塗装工事を理念に下記の項目を意識して活動しております。

  • 同じ内容の工事で価格でお得(コストパフォーマンス高い)、工事の適正価格、工事の保証
  • 業者丸投げではない工事の管理
  • 打ち合わせ内容の確認事項の徹底
  • サービス質、お客様の不安の解消のチェック項目の徹底

 

大阪で外壁塗装をお考えならミズノライフクリエイトにお任せください。